「衣装のデザイナーになりたかった」HKT48・小田彩加、指原莉乃の言葉でアイドルの道へ

HKT48 12thシングル「意志」選抜メンバーの松岡はな、運上弘菜、小田彩加、松本日向、宮崎想乃にインタビュー
撮影=武田真由子

【写真を見る】「48グループの衣装のデザイナーになりたかったんです」と話した小田彩加

12枚目となるシングル「意志」を4月10日(水)にリリースするHKT48。同作は4月28日(日)にグループを卒業する指原莉乃のHKT48としてのラストシングルで、指原の卒業ソング「いつだってそばにいる」がTYPE Aに収録される。

今回は松岡はな、運上弘菜、小田彩加、松本日向、宮崎想乃(※崎の“大”は“立”)という5人の若手メンバーにインタビュー。MV撮影についてや自身の“卒業したいこと”などについて話を聞いた。

――松本さんと宮崎さんは今作が初選抜ですが、発表を聞いたときの心境はいかがでしたか?

松本:マネジャーさんから“いつの撮影で、メンバーは誰で”って連絡があったんです。50音順に名前が並んでる中に私の名前があって。それもMV撮影の3日前だったので、「本当に自分なのかな」ってすごく疑ったんですけど、次の日に見ても消えてなかったので、夢じゃないんだと思いました。

宮崎:私も同じように連絡がきたんですけど、豊永阿紀ちゃんから電話が掛かってきて、「早く連絡を見て」って言われたので、「一緒のお仕事かな?」って思ったんですけど、そこで初めて選抜に入ったってことを知りました。

その頃、お休みが続いてた時期があって、すごく不安だったんです。そんな時期に3日間の撮影ってスケジュールが急に入って、しかも初めての選抜で…すごくうれしかったです。

――今作は「意志」というタイトルですが、最初に聞いたときはどんな印象を受けましたか?

松岡:「これが本当にタイトルなのかな?」って思いました。これまでは「キスは待つしかないのでしょうか?」とか「早送りカレンダー」とか、ちょっと変わったタイトルが多かったので、これから変わるのかなって思ったんですけど、そのまま決まったのでちょっとびっくりしました。

――MV撮影ではずっと走っていたと聞きました。

松岡:そうなんですよ! できあがった映像ではカッコよく映ってると思うんですけど、撮影中はみんな叫んでいて、特に村重(杏奈)さんの声がすごく大きくてみんな笑っちゃったり。楽しかったよね?

4人:楽しかった!

松本:真剣な顔で、「意志!」みたいな感じで走らなきゃいけなくて。

4人:(笑)。

松岡:カッコイイ感じでね(笑)。

松本:でも、うまく顔をつくれなくて。最終的に「松本さん、口開けなくていいから歯を食いしばって」って指示が出ました(笑)。

――TYPE Aには指原さんの卒業ソングも収録されますが、こちらはどんな曲なんでしょうか。

松岡:本当に悲しくて。最後の全員でのリップシーンは最初にさっしー(指原)さんが泣いちゃって、それが伝染してみんなも泣いて、スタッフさんも泣いちゃうくらい感動する撮影だったので、完成が楽しみです。

【写真を見る】「48グループの衣装のデザイナーになりたかったんです」と話した小田彩加
撮影=武田真由子

――やっぱり指原さんのHKT48でのラストシングルっていうのが今作の話題の1つだと思うので、それにちなんで皆さんには指原さんとの思い出を話していただければと思うんですが。

小田:私はHKT48に入る前、「HKT48のごぼてん!」(2014~2016年、テレビ西日本)という番組で、たまたま私の高校に指原さんが撮影に来てくれて、それで初めてお会いしたんです。

そのとき、まだ4期生の募集も始まってないときに、指原さんが「4期生で入りなよ」って言ってくださって。それがずっと残っていて、本当にオーディションがその後に始まったんですけど、「やってみたいな」って。

実際、こうやってシングル曲の選抜メンバーとして一緒に歌っているとまだ不思議な感覚になっちゃうんですけど、今の自分がいるのは指原さんのおかげなので、自分の中では大きな存在です。

――指原さんに背中を押される前から、芸能の仕事には興味があったんですか?

小田:「RIVER」の頃からAKB48さんが好きで、その頃は衣装に興味があったので、48グループの衣装のデザイナーになりたかったんです。

4人:へえー。

小田:でも、そういう道って専門的な勉強をしてないとなれないから、悩んでた時期があって。進路を決める時期と4期のオーディションの時期が重なって、受かったら1本でやろうと思って、HKT48に入りました。

――絶妙なタイミングだったんですね。他の方はどうですか?

宮崎:4期生は先輩方と比べたら指原さんと活動する機会が少なかったので、今回のシングルでたくさん学べるところは学ばないとって思いましたし、本当にもう最後なので、ここで思い出を作っていけたらいいなって思います。

松本:私は指原さんに「面白いから絶対人気出るよ」って言ってもらったんです。まだまだですけど、指原さんが人気出るって言ってくださったので、信じて頑張りたいと思います。

運上:私はいまだにあまりお話ししたことはないんですけど、4期生が合格する前のオーディション中のレッスン中、指原さんがレッスン場に来てくださって、アイスクリームを差し入れしてくださったんです。そのときのアイスクリームの味がいまだに忘れられないです。

小田:何味か忘れちゃった。

――忘れちゃったという声も出ましたが、ちなみに何味でしたか?

運上:え、ちょっと忘れちゃいました。

4人:えー!?(笑)。

運上:「おいしかった」っていう感情が強く残ってるってことです(笑)。

――(笑)。松岡さんは、指原さんとの思い出は?

松岡:一緒に活動させていただくことが多いんですけど、喋っているときに不意に「HKT48に来てくれてありがとう」っていつも言ってくれるんですよ。

さっしーさんが「第2回AKB48グループ ドラフト会議」で指名してくれなかったらここにはいなかったので、それが本当にうれしくて。本当にすてきな人だなっていつも思います。

松岡はな(1)
撮影=武田真由子

――今“ドラフト”というワードも出ましたが、4期生にとっては、2018年は初めにドラフト3期生が加入して、終盤に5期生が入ってきて、後輩が一気に増えた年だったと思うんですが、先輩になった感覚はいかがでしたか?

宮崎:戸惑いを隠せないというか、後輩のメンバーたちとどう接したらいいのかいまだに分からないです。緊張しますね。

――まだ距離感を計ってる状態なんですね。

宮崎:どう仲良くなろうかなって探り探りですね。

――確かに、5期生はまだ研究生だから、まだそんなに接点も多くなさそうですしね。あと、お話を伺ってるこの時期が卒業シーズンということで、皆さんの“卒業したいこと”もお聞きしたいんですが、何かありますか?

松岡:はい! すぐ泣くことです。

4人:(笑)。

松岡:HKT48に入ってから涙もろくなってしまったんです。最近は悲しいことを考えるとすぐ涙が出てきてしまうんです。もう二十歳になるので、さすがにマズいなって思ってて。

小田:でも、泣いてるのは見たくないけど、泣いていてほしい(笑)。はなさんが泣くと、周りは逆に和むんですよ。

松岡:何それ(笑)。あんまり泣かないように頑張りたいと思います。

――他の皆さんは“卒業したいこと”、ありますか?

小田:優柔不断なところを卒業したいです。でも、これは元々の性質というか、昔からずっと気にしてはいるけど、卒業できていないことで。出掛けるときも悩んで、すごく調べるんですよ。で、帰りの時間まで調べたけど行かない、みたいな(笑)。

4人:(笑)。

小田:もう二十歳だし、決めたらパパパって行動できる女性ってカッコイイので、そうなりたいなって思います。

宮崎:私はお金の無駄遣いを卒業したくて。家に帰れば食べるものがあるのに、コンビニに寄ってちゃったりして、気付いたら手持ちのお金が危ないってこともあるんです。それなのにお洋服を買ったりしちゃうので、高校も卒業したし、そろそろ自己管理しないとなって思ってます。

運上:私は自分ではあまり思わないんですけど、消極的ってファンの方に言われることが多くて。仲の良い人といるときはうるさいんですけど、人前に出たり、先輩と接するときは声が小さくなっちゃうんです(苦笑)。

5期生が入ってきて、自分が前に立つ機会も出てくると思うので、もうちょっとしっかりできるようにというか、はなさんみたいに、かわいくハキハキできるようになりたいなって思います。

松本:私は見た目です。高校を卒業して学生じゃなくなったうえに、見た目が大人っぽいんですよ。

小田:自分で言う?(笑)。

松本:なのに喋ると子供っぽい喋り方で。

4人:あー…。

松本:なので、もうちょっと“落ち着いた女性”みたいな喋り方になりたいです。

松岡はな、運上弘菜、松本日向、小田彩加、宮崎想乃
撮影=武田真由子

――あと、シングルが出る時期は入学シーズンなので、逆に何か新しく始めたいことはありますか?

宮崎:私はジムに通いたいです。キックボクシングとかジムに行ってきたっていう先輩が多くて、大人の女性だなってすごい思うので、自分も始めたいなって思うんですけど、絶対に続けられない自信があって。誰かと一緒に行けば続けられるかなって思うので、仲間を捜して…。

小田:あ、行くー。

松岡:もう見つかった(笑)。

小田:想乃ちゃんとは一緒に走りに行ったりするから。

宮崎:1回しか走りに行ったことないけど(笑)。

――すぐ仲間が見つかりましたね(笑)。他の皆さんはどうですか?

運上:まだファンの方にも言ってないんですけど、バレエを習いたくて。お母さんが人見知りを直すために入れてくれて、2歳くらいから小学校まではやっていたんですけど、やっぱりステージに立つのが恥ずかしくて辞めちゃったんです。でも、ダンスしてるのに体が硬いのがちょっと恥ずかしいので、今気になってます。

松本:私は先輩とお話しするのが好きなんですけど、先輩は活動も長いし、生きてる時間も長い分、感じ方が違うんですよ。だから、一緒にお話をしていたり、ご飯に行ったりすると、「こういう考え方もあるんだ」って思って、考え方も前向きになるし、いいことがたくさんあるので、もっと先輩と一緒にご飯に行ったりして交流を深めたいです。

小田:私はよく描いた絵をインスタグラムに投稿しているんですけど、今年はいろんなものに挑戦してみたいなと思ってます。油絵具とか新しい道具だったり、立体の作品にも挑戦してみたいなって。

松岡:私は本を読むことです。ラジオに出させていただいたとき、出てくる言葉に悩んでしまって、そのときにマネジャーさんが「本を読むといいよ」って言ってくださったので、本を読んで語彙力をつけたいなって思います。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理