1. トップ
  2. 【川栄李奈さんインタビュー】『家政婦のミタゾノ』で新たな役に挑戦!「プライベートも変わりたい」

【川栄李奈さんインタビュー】『家政婦のミタゾノ』で新たな役に挑戦!「プライベートも変わりたい」

  • 2019.4.9
  • 1472 views

普段はお母さんキャラなんです。

まさにハマり役! あらゆる作品でパンチの効いたキャラを演じてきた川栄李奈さんが、とにかくクセの強い主人公の名作ドラマの新シリーズに仲間入りすることに。躍進を続ける実力派女優の胸の内に迫ります。

 (434870)

料理や掃除が好きだから家政婦に向いているかも

「じつは私、掃除が好きなんです。どんなに遅く帰っても、掃除機をかけて部屋を綺麗にしないと安眠できないくらいで(笑)。だから、今回の役柄はすごく楽しみにしていました」

ツンデレな〝織姫〞やひねくれ者の高校生など、インパクトの強い個性的な役を任せられることが多かった川栄李奈さん。4月スタートのドラマ「家政夫のミタゾノ」では、真面目に仕事をこなす新人家政婦という新たなキャラクターに挑戦することに。

「今回がパート3となる人気ドラマに出演できることが嬉しいですし、さっそく台本に出てくる家事テクニックを『なるほど』と思いながら読んでいます。私は友達が泊まりにきたときも料理を作ってあげるのが好きですし、何でもしてあげたくなってしまう性格で。そういう意味では、意外と家政婦に向いているかもしれません」

とはいえ、実際劇中ではとことん翻弄されてしまうかも。TOKIOの松岡昌宏さん扮する主役の三田園薫は、女装したビジュアルもさることながら、家政夫としての能力も圧倒的。派遣された家庭の内情をのぞき見し、化けの皮を剥がしていく強烈な人物だ。

「私自身も、三田園さんに秘密を暴かれないように気をつけないといけませんね。例えば、これまで料理好きをアピールしてきたものの、実際は余った野菜の切れ端を有効活用できずに捨てちゃうことがあるので。食材の賞味期限も切らしがちだし……。ダメなところを直して人間として成長できるように、三田園さんの振る舞いを目に焼き付けて勉強させていただきます」

ちなみに、同作にはwithでの連載も大好評の伊野尾慧さんも見習い家政夫として出演。三田園さんの暴走を引き立てる新キャストの活躍に期待!

もっと行動的になるために 春はビビッドな服を着たい

毎日の家事も〝人の世話〞も好きな川栄さんは、身近な友人から「良いお母さんになりそう」と言われるタイプだとか。結婚願望はあるの?

「主婦になりたいという気持ちは強いのですが、共働きの家庭で育ったこともあり、できれば結婚しても仕事は続けていきたいと。少しずつ演じられる役の幅を広げながら、大きな役柄を任せてもらえるようになりたいですね。強いて言うなら、もう少し地味なキャラクターを演じてみたいです。テンションの高い破天荒な人物のオファーをいただくことが多いのですが、実際の私はすごく地味な性格なので(笑)」

プライベートもアクティブに遊び回ることは少なく、本人いわく「仕事以外の時間は〝無〞です」。ただ、そんな自分を変えたいと思っている様子。

「私、趣味がないんですよ。休日にギターやスケボーを楽しんでいる友人を見ると羨ましくなって、『今年こそは何か始めよう!』と思うんですが、結局、気づいたら年末になっていて。2019年も運転免許を取るという目標を掲げたのですが、教習所に行けないまま上半期が終わってしまいそう……」

もちろん、諦めたわけではない。

「行動的な性格に生まれ変わるためにも、この春はオレンジの服に注目しています。ビビッドな色をまとえば、テンションが上がりそうじゃないですか?単純に、知り合いのモデルさんも、『この春はオレンジが流行るよ』って言っていたし(笑)」

INFORMATION

『家政夫のミタゾノ』

 (434897)

依頼人の家庭の事情を覗き見してはぶち壊していく、家事スキルは完璧だけれど超絶迷惑な家政夫。そんな三田園薫が、パート2から1年の時を経てカムバック! 伊野尾慧&川栄李奈が新たに加わり、〝最恐家政夫〞が大暴れする! 毎週金曜夜11:15分~(※一部地域を除く)、4月19日スタート! テレビ朝日系

PROFILE

1995年2月12日生まれ。神奈川県出身。2015年8月にAKB48を卒業後、女優として数々のドラマや映画で活躍。今年は大河ドラマ「大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~」、映画『九月の恋と出会うまで』、『泣くな赤鬼』(6月公開)などに出演。

元記事で読む