1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「俺しか知らない彼女の素顔にキュン」男性が女性のギャップに萌えた瞬間

「俺しか知らない彼女の素顔にキュン」男性が女性のギャップに萌えた瞬間

  • 2019.4.8
  • 5239 views

女性の意外な一面は、男性をキュンキュンさせるのに効果的…と言いますが、それはなぜ?と聞かれると、回答に困ってしまう…という人がほとんどなのではないでしょうか。そこで今回は、なぜギャップ萌えするのか、その秘密に迫ってみました。

■男性に聞く!ギャップ萌えする理由

まず20~30代の男性に、女性の意外な一面を見たときに、ときめく理由を分析してもらいましょう。

◎好奇心が芽生える

「女の子の思いもよらない面を発見したら、驚きと同時に『彼女のことをもっと知りたい』って感じます」(28歳/営業職)

まだまだ知らないことがあるとわかれば、ひとつ残らず暴きたいって気持ちにかられるのかもしれませんね。

◎「やられた!」とゾクゾクしちゃう

「いい意味で予想を裏切られるとインパクト大。忘れられなくなります」(25歳/メーカー勤務)

相手に強烈な印象を与えて、頭から離れられなくさせる効果も。

◎自分だけが知っている顔…

「今まで知らなかった部分を見せるってことは、それだけ心を開いてくれている証拠、と受け取ります」(31歳/マスコミ関係)

「俺だけが見たことがある、もうひとつの彼女」…そう思うと、親近感が湧くのだとか。

いつもとは違う部分を見せることは、「新たな魅力の発見」につながるようですね。それが、男性がドキドキしちゃう原因なのでしょう。

■オフィスでのギャップ萌え

次に、男性たちに、職場で女性の意外な一面を発見してドキッとした体験談を披露してもらいました。

◎素肌がとってもキレイで…

「同僚の一人が、結構毎日ばっちりメイクなんです。社内でも『化粧のテクがすごいから、素顔は微妙なのかも』なんて話が出てたりして。でもある日、彼女が『寝坊した』と超ナチュラルメイクで出社してきたんです。肌がめちゃくちゃキレイで、全然ノーメイクでもイケる感じ。男はみんな見とれてました」(27歳/会社員)

毎日しっかりと化粧している子の素に近い姿が、思った以上にイケてたら、それだけで「この子、美人!」って思うのかも。

◎知らなかったキュートな一面

「先輩は、いつもパンツスーツで仕事をテキパキこなすクールビューティー。憧れてるけど少し近寄りがたい雰囲気があります。が、ある日、飲み会で酔ったら、今までのイメージが一変。笑い上戸ですごくかわいくて。あれはやられた」(25歳/営業職)

ちょっとお高くとまっているのかな…という印象の人の、お茶目な顔を見るのも典型的なギャップ萌えパターンですね。

◎できる女のできない部分にキュン

「容姿端麗、頭もキレる後輩がいるんだけど、コピー機と相性が悪いらしく。前もA4の原稿をA3で、しかも20部も印刷してて『あれ、あれ?』なんて焦ってたから、キュンとしました」(31歳/広告代理店勤務)

完璧な女性に隙があることがわかったときも、萌えるのだとか。どうやら「意外な側面を見ることで好感度がアップする」。これが彼らをドキドキさせるポイントのようです。

■ギャップ萌えの実践テクニック

さて、男性がときめくメカニズムは理解できたけど、実践にどう生かすのか?が問題。ここでは「ギャップ萌え」を駆使して彼氏をゲット、職場の男性陣にも好印象を与えている、秘書の美香さん(28歳)に心得を聞いてみました。ぜひ参考にしてください。

「誰も知らない一面を見せるのは好きな人だけにしておくことかな。不特定多数の男性の前でやると、ありがたみが半減しちゃう気がするので。

私、結構顔が派手だから、第一印象で遊んでる、とか家事が苦手って思われがちなんです。今の彼氏は同じ会社の人だけど、スーツのボタンが取れそうだったから、パッとつけてあげたらグッときたみたい」

美香さんはその後、他の人から、彼が「俺しか知らないあの子の一面がある」と優越感に浸っていた、と聞かされたそう。

「あと大事なのは、好きな人の理想の女性像を取り入れた『意外な』顔を見せること。彼が家庭的な女性がタイプだって、リサーチ済みだったんです」

何でもかんでもギャップがあればいい、というわけではないんですね。「ここぞ!」というシーンで「イメージと違う…」と印象づけられたら大成功!です。

彼の“気になる存在”に…!ギャップ萌えの目的は、好きな人に「え、なんだか意外!ちょっといい感じだな」と思わせること。それができたら、ふたりの仲はグッと縮まるかもしれません。

ライタープロフィール
パル吉
兵庫県の片田舎、相生市生まれ広島在住のこじらせ系アラフォーママライター。 お酒と読書と音楽と広島東洋カープが好き。恋するトキメキはもっと好き。「夢を見ることこそ人生である」をモットーに、女に磨きをかけるべく、日々奮闘中。もっとも、いまだ原石のママとの噂もあるとかないとか。

元記事で読む