1. トップ
  2. グルメ
  3. 神楽坂さんぽの途中で立ち寄りたい♪心地よいひとときを過ごせるカフェ4選

神楽坂さんぽの途中で立ち寄りたい♪心地よいひとときを過ごせるカフェ4選

  • 2019.4.8
  • 9781 views

小さな路地が多く探索が楽しい神楽坂。グルメスポットも数え切れないほどあり、さまざまな場面に合わせて楽しむことができます。今回はそんな神楽坂から、ゆったり心地よい時間が流れるお店を4つご紹介。地元の人も通う隠れ家のようなお店からプチ海外気分が味わえるホステルのラウンジまで、きっとお気に入りが見つかることまちがいなしです。

神楽坂さんぽの途中で立ち寄りたい♪心地よいひとときを過ごせるカフェ4選
神楽坂さんぽの途中で立ち寄りたい♪心地よいひとときを過ごせるカフェ4選
ジェラートもショコラも堪能♪「ジェラテリア テオブロマ」
神楽坂さんぽの途中で立ち寄りたい♪心地よいひとときを過ごせるカフェ4選
ホットショコラドリンク(885円)。スイーツとのお得なセットも

東京メトロ東西線・神楽坂駅から歩いて5分ほどの「Gelateria THÉOBROMA(ジェラテリア テオブロマ)」は、世界的なショコラティエ・土屋公二さんが手がける「テオブロマ」初のジェラートのお店。毎朝作る本格ジェラートがずらりと並びます。

渋谷本店と同じショコラやケーキ、パフェ、焼き菓子なども揃うこちら。イートインスペースでオリジナルカフェメニューもいただけます。写真手前の「ホットショコラドリンク」は、ビター・ミルク・スパイス・ハーブの4種類。なめらかで香り高い味わいはショコラティエならではです。肌寒い春の日のさんぽの途中で暖まるのにもいいですね。

2日かけて作るフレンチトーストが人気の「シマダカフェ」

神楽坂通りから横丁を入った場所にあるカフェ&ダイニングバー「SHIMADA CAFE(シマダカフェ)」。ヨーロッパの住宅をイメージしたという店内はゆったりくつろげる雰囲気です。看板メニューの「神楽坂フレンチトースト」は、2日間かけて仕込む逸品。注文後に高温で一気に焼き上げるため、外はカリカリ、中はプリンのようにトロトロの食感が楽しめます。いまの時季は桜やいちごを使った季節限定バージョンも登場。オムライスやパスタ、ピッツァなどの食事やお酒も充実しています。

ゆっくり時間が流れる小さな喫茶店「神楽坂 トンボロ」

静かな住宅街でご夫婦が20年ほど営んでいる「神楽坂 トンボロ」。濃いめの木目のインテリアに温かな照明が映え、カフェより喫茶店と呼ぶのがふさわしい雰囲気の小さなお店です。1杯ずつ淹れるコーヒーをはじめ、チーズケーキ、ホットケーキなど喫茶店らしい手づくりスイーツが評判。トーストやクロックムッシュ、地元ベーカリーのパンなどの食事メニューも充実しています。神楽坂さんぽの観光客も地元の常連客もゆったりと楽しんでいます。

プチ海外旅行気分が味わえる「アンプラン神楽坂」

神楽坂をのぼり切ったあたりにある「アンプラン神楽坂」。大きな窓から光が降り注ぐ明るくナチュラルな空間が目を引くホステルです。1階にあるラウンジは朝8時から終日、誰でも利用できるカフェ&バー。外国人の宿泊客も多く、海外旅行のような気分が味わえます。メニューはバリスタが選定したスペシャリティコーヒーや、写真の「アンプランプレート」などのボリューミーな週替わりランチ、手作りスイーツなど。18時からはお酒やおつまみなども楽しめます。天気のよい日はテラス席もおすすめ。

いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、神楽坂のカフェをまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

オリジナルサイトで読む