1. トップ
  2. ファッション
  3. ミントデザインズ 2019年秋冬コレクション - ステッチワークとインダストリアルの対比

ミントデザインズ 2019年秋冬コレクション - ステッチワークとインダストリアルの対比

  • 2019.4.7
  • 719 views

ミントデザインズ 2019年秋冬コレクション - ステッチワークとインダストリアルの対比

ミントデザインズ(mintdesigns)の2019年秋冬コレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

"ステッチワーク"と人工的要素を対比

今シーズン注目したのは、刺繍やキルトなどのステッチワーク。刺繍やキルトが醸し出すクラフト的な温かさと、それとは対照的なインダストリアル感のある人工素材を組み合わせ、デザインに落とし込んでいる。

クロスステッチの花柄は、ゴミ袋のような素材感のナイロン素材に配して。軽くシャカシャカとした手触りの生地に、クラシカルなクロスステッチの花柄を散りばめたワンピースやプルオーバーが登場する。また大きなゴミ袋に刺繍を施したようなビッグバッグも展開される。

ともすればほっこりとした印象になりがちのキルティングコートも、控えめの光沢感を称えたサテン地を使用することで、モダンな雰囲気に。袖部分に変化を持たせた構築的なフォルムも目を惹く。

温かみのあるムードと、インダストリアルな要素を掛け合わせるアプローチは、スタイリングにも見て取れる。色紙をちぎってコラージュしたパターンのショートブラウス&プリーツスカートには、化学繊維のシアーなトップスを差し込んで。フランスのトワル・ド・ジュイをイメージしたクラシカルなすごろく柄ブラウスには、メタリックな輝きのスカートをレイヤードしている。

「パーツシリーズ」で遊び心をプラス

遊び心をプラスするのに一役買っているのが、「パーツシリーズ」のアイテム。"MD"ロゴを刺繍したフリルカフスや、キルトの襟&袖パーツ、手袋などを使った、多彩なスタイリングが提案されている。また、カラーはピンク、黄緑、サックスなどをメインに。秋冬という季節を感じさせないほど透明感と明るさのある色彩を取り入れている。

元記事で読む