1. トップ
  2. ファッション
  3. 彼氏の部屋に初めて行く時に気をつけたいこと

彼氏の部屋に初めて行く時に気をつけたいこと

  • 2019.4.7
  • 9410 views

初めて彼女を部屋に呼ぶ、そんなときには、彼も緊張しているはずです。ある程度の距離感がポイントになりますよ。

あなたはお客様です

ついつい張り切ってしまい、妻のようなふるまいをしてしまいがちですが、それはNGです。初めて部屋にお呼ばれした日は、あなたはあくまでも「お客様」なのです。それを忘れないようにしましょう。

お茶を入れてもらうときなど「私がやるよ」ではなくて、「ありがとう!」が基本です。

そのうえで、「おいしい」とか「きちんとしているんだね」などと、相手をほめる言葉をさりげなく挟みましょう。あまりに大げさに「すごーい」と言われると、彼は居心地が悪くなりますので気をつけて!

清潔感をもって

靴、そして靴下やストッキングのチェックをお忘れなく。とくに靴の中、ヒール部分は意外と見落としがちですが、彼の家に行ったときには、目に入ってしまうかもしれません。

靴が臭い、なんて大問題!

中敷きが汚れていないか、ヒールは傷ついていないか、お出かけのときに必ずチェックしていきましょう。犬や猫を飼っている場合には、ストッキングや靴下には毛が付きがちです。その点も抜かりなくチェックしましょう。

ガサ入れではありません

緊張感から、はしゃいでしまうケースが多くありますが、たいていは後悔のもとになります。

特に、部屋にあるものをあれこれ触ったり、いじったりする行為は、彼には評判は良くないでしょう。「これをみて!」と言われたものや飾ってあるものであれば「興味を持ってほしい」と彼が感じているものですから問題ありませんが、しまってあるもの、隠してあるものには、言及しないのが良いでしょう。

もし気になるものがあっても、ジロジロとは見ないことです。特に初日はおとなしく、マナーを守った訪問に終始するのが無難です。

初日は帰るべし

初日からのお泊りは絶対NGです。結果的にお泊りになってしまうときであっても、「泊り道具を用意していた」ということであっては、彼にあらぬ誤解を持たせてしまうかもしれません。

お泊りに必要なものは、コンビニで入手することもできますから、初日はお泊りセットは持たずに訪問をしましょう。

元記事で読む