1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 展覧会「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」広島で、歌川国芳の武者絵や怪奇作など150点

展覧会「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」広島で、歌川国芳の武者絵や怪奇作など150点

  • 2019.4.5
  • 5804 views

展覧会「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」広島で、歌川国芳の武者絵や怪奇作など150点

展覧会「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」が、2019年4月13日(土)から5月26日(日)まで広島県立美術館にて開催される。

undefined
www.fashion-press.net

新しい画題と表現に挑み続けた歌川国芳

柔軟な発想や豊かな表現力で、幕末浮世絵を活性化させた浮世絵師・歌川国芳。「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」では、そんな歌川国芳の武者絵をメインに、弟子の月岡芳年らの作品を含む150点もの作品と資料を5章に分けて展示。新しい画題と表現に挑み続けた彼らの姿を追う。

最も得意とした出世作・武者絵

第一章では、歌川国芳の出世作で、その後も得意とした武者絵を展示。逸話やヒーローたちをどのように表現し、弟子たちにいかに受け継いだかに迫る。歌川国芳が描く高い造形力を駆使したヒーローたちの姿からは、観る者をワクワクさせる躍動感が伝わってくる。人の動きを日頃から観察し培われた画力を、間近で感じてみて。

「血みどろ絵」など、残虐な怪奇作品

怪奇に挑む第二章は、怪奇を描いた作品や「血みどろ絵」と呼ばれる作品を紹介。怪奇を恐ろしく表すことで、得意とする武者絵をより勇ましく表現することができる。当時の人々の好奇心をくすぐる残虐な作風は、後に弟子たちにも受け継がれていった。

女性の心に踏み込む美人画や世相を表した戯画など

人物の作品を集めた第三章では、国芳、芳年による女性の心に踏み込んだ美人画や、役者の名演技や実力を伝えくれる迫真的な役者絵を紹介。第四章では、当時の世相をネタにした戯画や話題となった見世物作品を展示。また、戯画の芳藤、三枚続のパノラマ武者絵で秀作を残す芳艶といった国芳作品のDNAを受け継ぐ絵師たちの作品を、終章でまとめて展示する。

【詳細】
挑む浮世絵 国芳から芳年へ
期間:2019年4月13日(土)~5月26日(日) ※会期中無休
場所:広島県立美術館
住所:広島市中区上幟町2-22
料金:一般1,200(1,000円)、高・大学生1,000(800)円、小・中学生600(400)円
※()内は前売り・20人以上の団体料金
※学生券を購入希望・入場の際は学生証の提示が必要
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と
介助者(1人まで)の当日料金は半額
前売券販売所:広島県立美術館、セブンチケット(セブンコード:072-007)、ローソンチケット(Lコード:62870)、チケットぴあ(Pコード:769-514)、イープラス、広島市・呉市内の主なプレイガイド、画廊・画材店など

【問い合わせ先】
広島県立美術館
TEL:082-221-6246

オリジナルサイトで読む