1. トップ
  2. 恋愛
  3. 社会人の彼が「この子が彼女でよかった」と感じる瞬間

社会人の彼が「この子が彼女でよかった」と感じる瞬間

  • 2019.4.5
  • 17772 views

「あー、この子と付き合えて本当によかった」と感じるときには、とても幸せな気持ちにもなれます。そして同時に「ずっと一緒にいたい」という思いになる瞬間でもあるでしょう。

それでは、男子はどんな瞬間にそう感じるのでしょうか。

今回は、仕事を頑張る社会人男子が「この子が彼女でよかった」と感じる瞬間について紹介します。

この子が彼女でよかった

「やっておくよ」と助けてくれる

忙しいときや大変な状況にあるときに、当たり前のように手を貸してくれる彼女には、本当に助けられるでしょう。

例えば、時間に追われるような生活をしているときに、部屋を片づけてくれていたり、料理を作ってくれていたりしたら、感謝の気持ちも相当大きくなるもの。

しかも、「やっておくよ」と、まるで当たり前かのように助けてくれると、余計に愛の大きさや深さを感じるはずです。

お節介やお世話を焼きすぎと鬱陶しくなってしまいますが、さりげないサポートに徹することができると、男性も手放せないパートナーだと実感してくれますよ。

「自分のこと」として考えてくれる

例えば、仕事の話をしたり、悩みを相談したりした際に、適当にあしらわれたら当然ながらイラッとします。

そうではなく、まるで「自分のこと」のように真剣に考えてくれると、「この子と付き合えてよかった」と男性も感じるでしょう。

「彼氏の悩み」は「自分の悩み」でもあると考えてくれる彼女のことは、とてつもなく愛おしく思えるはず。

そしてふたりで乗り越えたりできたのなら、絆は一層深まるでしょうし、「ずっと大切にしよう」と改めて思ったりもするものですよ。

決して「見捨てない」

うまくいっているときについて来てくれる人は多いでしょうが、うまくいっていないときには人は離れていきやすいです。

そのため、そういった状況に陥っても決して見捨てることはなく、ずっとそばにいてくれる彼女には、本当の愛情を感じるでしょう。

仕事が軌道に乗っていなかったり、大きな失敗をしてしまったときなどに、陰で支えてくれる彼女の存在はとても大きいもの。

だからこそ、「この恩は絶対に返す」とか「頑張って幸せにする」といった気持ちが、男性の中には芽生えてくるはずですよ。

あえて「放っておいてくれる」

落ち込んでいるときに、下手に手を差し伸べるのが必ずしもいいことであるとは限りません。

「ひとりになりたい」とか「そっとしておいてほしい」なんて感じることもあるのです。

特に、仕事でミスをしたときなどは、あえて放っておいて、助けを求められたら手を貸すという姿勢でいた方がいいかも。

「ひとりの時間」もちゃんと与えてくれると、「ちゃんとわかってくれている」と男性は改めて強く実感したりもするものですよ。

おわりに

お互いに「今相手が何を求めているのか」を考えられるようになると、かけがえのない存在にもなれるでしょう。

尊重し合える関係性は「絶対に手放したくない」と感じる最も大きなポイントですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む