1. トップ
  2. 佐野勇斗、“小さな恋のうたバンド”としてメジャーデビュー決定!MONGOL800の名曲をカバー

佐野勇斗、“小さな恋のうたバンド”としてメジャーデビュー決定!MONGOL800の名曲をカバー

  • 2019.4.5
  • 619 views
メジャーデビューが決まった“小さな恋のうたバンド”メンバー
KADOKAWA

【写真を見る】若手注目株が集結!魅力が“ギュッ”と詰まったデビューシングルのジャケット写真

佐野勇斗主演でMONGOL800の大ヒット曲をモチーフに描く映画「小さな恋のうた」(5月24日公開)の劇中で結成されたバンドが“小さな恋のうたバンド”としてCDデビューすることが決まった。映画公開直前の5月22日に、デビューシングル「小さな恋のうた」をリリースする。

映画「小さな恋のうた」劇中で演奏

ヒット曲「小さな恋のうた」は、収録アルバム(2001年リリース)をインディーズ史上初のオリコンランキング 1 位に導いたほか、60以上もの有名アーティストたちによってカバーされた名曲として知られる。

そんな名曲をモチーフにしたのが、映画「小さな恋のうた」。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた2つの“国”が存在する沖縄の小さな町で、高校生バンドが人気を博していた。やがて、東京のレーベルからスカウトされプロデビューが決まる。しかしその矢先、一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。

そこに現れた1曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り、立ち上がる――という物語が描かれる。

佐野が演じるのは、主人公の真栄城亮多。ボーカルダンスユニット・M!LKとしても活動する佐野がボーカル・ベースを担当し、魂の歌を歌いあげる。

そして、亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎を森永悠希、唯一の女性メンバー・譜久村舞を山田杏奈が演じる。さらに、今作が役者デビューとなる新鋭・眞栄田郷敦、モデルながらドラマ「3年A組 -今からみなさんは、人質です-」(日本テレビ系)に出演した鈴木仁も参加。劇中では、彼らが半年以上のトレーニングを経て「小さな恋のうた」などMONGOL800の名曲を披露している。

そして今回、そんな5人が“小さな恋のうたバンド”としてユニバーサル ミュージックからメジャーデビューを果たす。デビューシングル「小さな恋のうた」の収録曲はタイトル曲のほか、MONGOL800の人気曲「あなたに」「DON’T WORRY BE HAPPY」「SAYONARA DOLL」の計4曲だ。

5人の上達ぶりにモンパチメンバーも衝撃!

【写真を見る】若手注目株が集結!魅力が“ギュッ”と詰まったデビューシングルのジャケット写真
KADOKAWA

4月4日には、沖縄で同作のプレミアイベントが開催され、佐野ら“小さな恋のうたバンド”のメンバーが勢ぞろい。同作の舞台であり、1カ月半にわたり全編ロケも行われた思い出の地・沖縄でCDデビューが発表された。

イベントにはMONGOL800のメンバー、上江洌清作・高里悟(※「高」は正しくは「はしご高」)も登壇。劇中で魂の演奏を見せたメインキャスト陣に向け、上江洌は「(自分はMONGOL800なので)MONGOL800のライブは一生自分自身では見れない、経験することは不可能、と思っていたけど、今回映画の完成をみて『モンパチのライブを自分自身が観れた』と、入り込めた瞬間がありました。すごく新鮮だったし、感謝したい。初めて東京で顔合わせをし、その瞬間から初めて楽器を持った人もいる中で、これだけのクオリティ。頑張ってくれたキャストの皆さんに感謝したい」とねぎらいの言葉を送った。

佐野勇斗CDデビュー!「撮影当時は思っていなかった」

CDデビュー決定に、“小さな恋のうたバンド”の面々からも驚きと喜びの声が上がっている。

主演でボーカル&ベースを担当する佐野は「バンドとしてデビューさせていただけるとは撮影当時は思っていなかったので驚いていますが、練習していくにつれて、楽器で演奏したり、メンバーと音を合わせていくのがとても楽しいと感じました。映画が完成した後も、色々な方に僕らの歌を聴いてもらえる事を嬉しく思います!」と喜びを爆発させた。

ドラム&ボーカルの森永は「劇中では5人で演奏することはなかったので、本作をご覧になった方は、この5人で揃った演奏が観たい、と思われる方もいらっしゃると思いますが、それが叶って、すごく嬉しいです」と意味深にコメント。ギター&ボーカルの山田は「メジャーデビューというものが、自分の人生に起こるとは思っていなかったので、すごくビックリしてます」と驚きも口にした。

ギター&ボーカルの眞栄田は「役者としてのデビューもこの作品、その上メジャーデビュー。ご縁をいただけた事を、本当にありがたいと思っています。5ピースでできることが嬉しいですし、映画とは違う声、気持ちも入っているので、新しい”5人での音楽”を届けられる事がすごく嬉しいです」と素直な思いを語り、ベース&ボーカルの鈴木も「この仕事を始めてから音楽だけはやらないと思っていたので…音楽をやってること自体が自分には衝撃なんですが。この映画に出演できて本当によかったなと思いました。5人でバンドを組めて、メジャーデビューできることに、素直に嬉しく思ってます」と喜びを噛みしめた。(ザテレビジョン)

元記事で読む