1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【4月の開運方位】ラッキー方位は「西」、川辺のお花見に出かけよう!

【4月の開運方位】ラッキー方位は「西」、川辺のお花見に出かけよう!

  • 2019.4.3
  • 1278 views

――運気を上げたいなら、ぜひ「吉方位」へ出かけましょう! 月によって変わる吉方位を活用すれば、レジャーを楽しみながら開運効果を得ることができます。また、訪れた先で開運アクションを行うことで、運気上昇パワーがさらに増幅しますよ!(方位の詳細はこちら

■4月の開運方位は?
ラッキー方位は「西」
お花見で運気を上げよう!

■4月の「西」は「収穫」の方位
4月の開運方位は、3月に引き続き「西」。「七赤金星」に影響を受け、「収穫」「喜び」などをあらわします。ただし、今月はこの位置に「二黒土星」が巡っているので、「家庭」「夫婦」「絆」など二黒の影響もみられるでしょう。西に向かうことで人脈が広がり、楽しいことや恋愛などの喜びごとが多くなります。また、仕事のチャンスが舞い込む、商売繁盛につながるなど、仕事運や金運にもいい影響を与えてくれるはずです。

■湖や川辺のお花見に出かけよう!
七赤金星には「沢」「平原」「伝統」「大衆」などの象意があります。日本の伝統行事ともいえる桜のお花見が、今月の運気を上げてくれるでしょう。また、高台のお花見より、川辺に映る桜を見るほうがより開運につながります。大勢の人でにぎわう場所に、恋人や家族、友人、職場の人々などとワイワイ連れ添って行きましょう。二黒には「絆」という意味もあるため、それぞれに絆が深まります。また、ラッキーアクションは、西のラッキーカラーである「黄金色」のものを食べること。ビールやみたらし団子がオススメです。

■部屋にも開運パワーをチャージ!
吉方位に行けない人や、部屋にも開運パワーを呼び込みたい人は、部屋の西側の片付けや模様替えをしましょう。新しく何かを飾るなら、黄金色のものがオススメ。家の中から西方位にある神社に手を合わせるのも、開運につながります。さらに、家族や夫婦の絆が深まる月なので、夕食は家族そろって、または夫婦水入らずでいただきましょう。辛めの料理の後に甘いデザートを追加すると、なおいいです。

ようやくあたたかくなり、新しい季節を感じる4月。大切な人との絆を大切にし、みんなで喜びを分かち合うことがいい運気をもたらします。吉方位を訪れておおいに楽しむことで、思ってもみなかったほどの大きな収穫が得られるでしょう。
(明石実夕)

元記事を読む