長谷川慎「先輩をいじってふざけちゃったりするところが、普段の自分と似ているかも(笑)」【プリレジェ連載】

映画「PRINCE OF LEGEND」に出演中の長谷川慎
撮影=大石隼土

【写真を見る】“ダンス王子 ブラック”を演じた長谷川のクールSHOT

映画「PRINCE OF LEGEND」連載、今回は、チャラそうに見えて、意外と真面目。友情に厚く、あふれる勇気を持ったTeamネクストの“ダンス王子ブラック”こと、小田島陸を演じた長谷川慎にインタビュー!

――長谷川慎さんにとって「PRINCE OF LEGEND」は初の映像作品ですが、このお話を最初に聞いたときの感想を教えてください。

「“プリレジェ”のプロジェクトが始まる前、最初に物語の概要を教えていただきました。いろんなキャラクターの王子がたくさん出てくると聞いて、自分はどんなキャラの王子になるんだろうって興味深々でした(笑)」

――台本を読んだときの感想を教えてください。

「王子たちのキャラがそれぞれ個性的に描かれていたので、王子たちの姿を想像しながら読むのが楽しかったです。コメディーの部分もたくさんあったので、これが映像になったらどんなに面白いんだろうって思いながら読みました。あと、自分が出てくるシーンや自分のセリフが出てくるたびに、この作品に自分も出演するんだな~って実感が沸いてきました」

――どんな思いを持って撮影にのぞみましたか?

「普段から一緒に活動しているTHE RAMPAGEのメンバー(吉野北人・藤原樹)が同じチームだったので、他にたくさんのチームがある中で、自分たちの“Teamネクスト”をどう見せていけば光るだろうということは考えていました。僕だけじゃなく、2人も同じ思いを持っていたので、初めてのことばかりだろうけど、とにかく3人で頑張ろう!っていう思いが強かったです。現場に入ってからは勉強になることばかりだったので、“プリレジェ”での経験は自分を成長させてくれたと思います」

――役作りでこだわった部分は?

「監督さんが、“陸はニコニコしているキャラクターが合うよねって”っておっしゃってくださったことで、陸のキャラが定まったというか。“Teamネクスト”の3人の中でもそれぞれの個性の差を出すなら、陸は笑顔が似合うキャラなんだろうなって自分も思ったので、演じるときはニコニコした感じを意識しました(笑)」

先輩後輩の垣根を作らずにざっくばらんに接します

自分と似ているところは「先輩をいじってふざけちゃったりするところ」
撮影=大石隼土

――陸とご自身の似ている部分はありますか?

「陸って年上の京極兄弟の尊人さん(鈴木伸之)や竜(川村壱馬)に強めにものを言ったり、他の先輩に対しても遠慮なしにガンガン行ったりするんです。THE RAMPAGEには僕より先輩のメンバーがいるんですけど、いい意味で先輩後輩の垣根を作らずに、みんなとざっくばらんに接したり、先輩をいじってふざけちゃったりするところが、普段の自分と似ているかも(笑)。あと、僕らの“Teamネクスト”って世間一般的な学生のわちゃわちゃした感じがあるチームで、THE RAMPAGEのいつもの雰囲気と似てるな~と思ったので、普通の男子のやんちゃっぽさを入れつつ、いつもの自分たちの雰囲気を自然と出せたらいいなと思ってました」

――撮影の中で、特に印象に残っているシーンはありますか?

「伝説の王子選手権でのアクションレースのシーンです。それが初めてのアクションシーンだったんですけど、僕たちのTeamネクストは“ダンス王子”だし、普段からダンスをしているので、自分たちらしいダンスっぽいアクションになったと思います。普段の自分たちのダンスとは違うダンスを見せることができたんじゃないかなって」

――自分の演技を大きなスクリーンで見て、どんなことを思いましたか?

「初めての映画作品だったので、大きなスクリーンで自分の演技を見るのは初めてだったんです。自分が出てくるシーン以外の撮影は立ち会っていなかったこともあって、台本で読んでいた他のチームのシーンがどんな感じになっているのかワクワクしながら拝見させていただきました。自分が出てくるシーンに関しては、現場で自分がやっていたことが、映像で見るとまた違うんだなって思いました。一生懸命挑ませていただきましたけど、大きなスクリーンに映るのだから、もっと派手に動いたり、もっと大袈裟に演技してもいいんだなって。映画での演技は大きなスクリーンに映るということも意識しなければいけないんだなってことに気づくことができたので、とても勉強になりました」

――これからやってみたい役はありますか?

「“プリレジェ”でアクションに挑戦させていただいたことで殺陣に興味が沸いたし、もともと体を動かすことが好きなので、アクション作品で派手に暴れてみたいです(笑)。映像はいろんな撮影技術を使うことで、生身の人間が実現不可能なこともリアルに見せることができるじゃないですか。自分が普段の生活の中で体験できないことを映像の中で体験してみたいので、空を飛んだり、空間や時間を止めることができたり、超能力を使って何かを倒したいです(笑)」(ザテレビジョン・取材・文=松浦靖恵)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。