1. トップ
  2. 斎藤工と松田聖子が仰天! 監督&スタッフが全員“聖子ファン”だった

斎藤工と松田聖子が仰天! 監督&スタッフが全員“聖子ファン”だった

  • 2019.3.29
  • 657 views
舞台あいさつに登場した斎藤工と松田聖子(写真左から)
KADOKAWA

公開中の映画「家族のレシピ」の舞台あいさつが3月28日に東京都内の劇場で行われ、出演者の斎藤工と松田聖子が登壇。

【写真を見る】劇中に登場するスープを松田聖子に振る舞う斎藤工

同作品は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年をきっかけに製作されたシンガポール・日本・フランスの合作映画で、斎藤演じる主人公・真人が、父親の死をきっかけに幼い頃に亡くした母親の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走する家族愛を描いた感動作。

松田は、真人に現地の名物グルメを案内し、真人を助けるシンガポール在住のフードブロガー・美樹を演じる。

舞台あいさつでは、斎藤が「両親を失ったことでぽっかり空いてしまった真人の心の穴を自然に埋めてくれるのが美樹さんなのですが、本読みをした時に聖子さんの第一声を聴いた時に鼓膜がとっても幸せになったんです。真人を救ったのも聖子さんの声だったと思います」と告白。

一方、松田は「久しぶりの映画出演でちょっと緊張していたのですが、最初から斎藤さんに引っ張っていただいて、斎藤さんの演技につられてできたと思います。斎藤さんには本当に感謝しています」と明かした。

そんな中、斎藤は「監督だけじゃなくシンガポールのスタッフ全員が聖子さんのファンで、クランクアップの日には自宅から(松田の)CDを持って来て、ジャケットにサインをしてもらうために聖子さんの前に行列ができていました」と裏話を披露。

すると、松田も「もうびっくりしました! それまで皆さん(ファンだということを感じさせずに)普通にお仕事をされていたので、『えー!』ってなりました」と笑顔で振り返った。(ザテレビジョン)

元記事で読む