1. トップ
  2. モデル辻元舞、育児絵日記も話題「笑い話にできる」

モデル辻元舞、育児絵日記も話題「笑い話にできる」

  • 2019.3.28
  • 306 views
モデルの辻元舞が初のスタイルブックを出版
KADOKAWA

モデルの他、最近ではネット通販サイト「ロコンド」のCMでも注目を集める辻元舞が、4月7日(日)に初のビューティ&スタイルブック「Mai Life -ハッピーの秘訣は『頑張りすぎない』こと! -」(SDP)を出版。川崎市内で行われた先行発売記念トークショーに出席し、囲み取材で作品の見どころや自身のライフスタイルについて明かした。

【写真を見る】子育てに奮闘する様子をイラストに

――出来上がった作品を手にしての感想をお願いします。

自分自身のことをすべて詰め込んだので、宝物のような本に仕上がりました。

――作り上げていく中で、苦労したことなどありましたか?

撮り始めたころは妊娠中だったので…すべて妊娠中の写真か、出産直後の写真だったので、「発売に向けて体を絞るぞ」と思っていたのにどんどん太っていくし(笑)、おなかも大きくなっていくし、体調も悪くなるし。自己管理が結構大変でした。でもその貴重な期間を残せたので、マタニティーフォトも載っているんですけど、それはうれしかったです。

――お気に入りページを教えてください。

子供と接している時って、自分たちが写真を撮ることはあっても、ほかの方に写真を撮ってもらうことってあまりなかったので、自分がこんな表情をして子供と接しているんだというのが見られてお気に入りでのページです。次男はまだ1カ月たっていないころの写真なので、すごく貴重な時期を写真に残せてうれしかったです。

――作品に点数を付けるとしたら?

人に評価されることを考えずに書いたので、私的には満足していて100点なんですけど、旦那は…旦那も載っているんですけど、「俺はもうちょっとイケメンだと思ってた」っていう理由で50点らしいです(笑)。

――本の帯にも「ハッピーのコツ」というキーワードが記されていますが、その笑顔の秘訣(ひけつ)などありましたら教えてください。

自分の中の大切なものをちゃんと見極めて、手を抜けるところは手を抜くようにしていて、大事なものだけ抱えるようにしています。

――本のサブタイトルに付けられている「頑張りすぎない」という言葉が印象的なのですが、そういう考え方に変わったきっかけみたいなものはあったのでしょうか?

一人目を出産して半年くらいは、初めての出産・育児ということで、すべて自分で抱え込んで「私がやらなきゃ」っていう気持ちが結構強くて、家事も育児も全部私…“お母さん”がやらなきゃっていう意識が強くて、仕事もしていたので、結構抱え込み過ぎちゃって。「あ~もう無理」ってなって、旦那とけんかをするようになったりとかして、「これじゃダメだ」と思ったのがきっかけです。

――そんな辻元さんの息抜き・ストレス解消法を教えてください。

イラストが好きでよく描いていて、Instagramのアカウントでもイラストだけのアカウントを持っていて、日常のほんと信じられないような出来事でも、イラストにすると笑い話にできて自分の中で消化できるので、ストレス発散でイラストを描いてます。

――今日のお洋服についてのポイントを教えてください。

今日は、1枚着るだけで手抜きに見えない…ありがたいコーデに(笑)。

――今後ご自身で挑戦してみたいことなどありますか?

今雑誌に結構出させていただいているんですけど、ずっと前からもの作りをしてみたいという気持ちがあって、お母さんの役に立つ…これ1本だけで済ませられるリップとか、そういうものを作ってみたいなと思います。

――読者の方、ファンの方にメッセージをお願いします。

同世代のお子さんがいらっしゃるお母さんとかに…お母さんってどうしても自分でやらなきゃって、自分が頑張らなきゃと思う方が多いと思うので、自分だけじゃないって安心できたり、前向きなきっかけになるような本になったらいいなと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む