1. トップ
  2. メイク
  3. 表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

  • 2019.3.27
  • 12360 views

新しい出会いの増える春は、肌の内側には水分でモチモチ感を与えつつ、表面はサラサラの【薄づきセミマット肌】が最強。思わず触れたくなる美肌に仕上がるので、毎日のメイクだけでなくデートなどの特熱なシーンにも大活躍間違いなしです。それでは、そんな春の最強肌を叶えるベースメイクのポイントを早速チェックしてみましょう。

▶︎美人度を底上げするポイントは“おでこ”。2アイテムでできる【整形級簡単メイクテク】を✓

用意するコスメは、

リキッドファンデーション、コンシーラー、ルースパウダー、フィックスミスト

の4つ。手持ちのものでOKですし、手元になければプチプラのコスメを用意してください。

(1)リキッドファンデーションをエアーパフで内側→外側へなじませる
表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

下地の後、リキッドファンデーションをフェイスライン以外の顔全体に指先でのせ、エアーパフで顔の内側から外側へたたきながら馴染ませます。

表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

絶対にベタっとのばさず“パフでたたく”ことが表面をサラサラに仕上げるコツ。もちろん重ね塗りも厳禁です。

(2)クマ&くすみをコンシーラーでカバーする
表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

ベースが終わったらコンシーラーで目の下のクマを隠します。一番濃いところにたっぷりのせて、境目だけを外側へ優しくのばしましょう。また、くすみやダークスポットもブラシやスポンジを使ってカバーします。

(3)ブラシでルースパウダーをのせる
表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

顔の広い部分を中心にルースパウダーをのせます。ブラシに適量のパウダーが残るように、ブラシでとったら一度手の甲を軽くたたきましょう。その後、ホコリをはらうように手の力を抜いて短く跳ねながらタッチしていきます(丸く転がしたり、のばすようにのせるのはNG)。なお、パウダーをのせすぎた部分はブラシの先で軽くはらって整えます。

(4)フィックスミストを軽く吹きかける
表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

サラサラになった肌にフィックスミストを軽く吹きかけてパウダーを肌に軽く密着させます。

(5)ルースパウダーで境目をなじませて完成
表面サラサラのモチモチ肌に。春の接近戦の強い味方【薄づきセミマット肌】を叶えるベースメイクテク

最後にパウダーパフにルースパウダーをとり、まぶた、下まぶた、鼻周りにだけ境目ができないように優しくたたくようにのせて出来上がりです。

薄づきセミマット肌をキレイに仕上げる最大のポイントは、(3)のブラシでルースパウダーをのせる工程になります。同じパウダーでもパフやスポンジでのせるのとブラシでのせるのとでは仕上がりの肌感が全く変わってきますので、ぜひトライしてみてくださいね。

元記事で読む