1. トップ
  2. 「Going!―」新お天気キャスターは山崎紘菜&永島聖羅!

「Going!―」新お天気キャスターは山崎紘菜&永島聖羅!

  • 2019.3.27
  • 369 views
「Going!―」のお天気キャスターに就任した永島聖羅(写真左)、山崎紘菜(右)
(C)NTV

【写真を見る】自身のことを「明るい」と表現する永島聖羅は明るい衣装で登場

毎週土・日曜放送の「Going!Sports&News」(夜11:55-0:55、日本テレビ系)に、新たな「お天気キャスター」として山崎紘菜と元乃木坂46・永島聖羅が出演することが明らかになった。

プロ野球や海外サッカーから、オリンピック、ラグビーW杯といった世界的なビッグイベントまで、毎回さまざまなスポーツの情報を伝えている「Going!Sports&News」。

先週の放送までは、土曜日を水谷果穂、日曜日をトラウデン直美が務めていた「お天気キャスター」だが、3月30日(土)からは山崎が、3月31日(日)からは永島が、それぞれの曜日担当として出演。2人がキャスター就任に向けての意気込みを語った。

土曜日担当・山崎紘菜コメント「好きなスポーツはラグビーです」

土曜日を担当するのはラグビーが大好きな山崎紘菜
(C)NTV

――「Going!Sports&News」への出演が決まった時の感想を教えてください。

私を選んでいただいたことに、ただただ驚きました。自分の今までにない、新たな挑戦になるのではないかなと思っています。

――好きなスポーツやアスリート、興味のあるスポーツはありますか?

好きなスポーツはラグビーです。キアラン・リード選手(ニュージーランド)がトヨタヴェルブリッツに新加入することが、最近の自分の中の一番のビッグニュースで、今から待ちきれないです。興味のあるスポーツはフィギュアスケートで、羽生結弦選手の演技だけはチェックしてしまいます。

――出演者(上田晋也、亀梨和也、江川卓、赤星憲広)の印象は?

江川さんは、とても優しそうな雰囲気をもたれているので、これを機に野球や他のスポーツについていろいろ教えていただけたらと思います。上田さんは、以前バラエティー番組でご一緒したことがありますが、自分で話すのも、人から話を聞き出すのも一流で、なんでもできるんだなあと圧倒されました。

赤星さんは、「Going!―」の生放送で何を振られても、いつも冷静に的確なコメントをされていてすごいなぁと思います。亀梨さんは、アーティストや俳優、そしてベースボールスペシャルサポーターと、なんでもやられていて天才肌の方なのかなぁと勝手にイメージしています。

――山崎さんご自身の強み・アピールポイントは?

自分の強みは、粘り強いというか、しぶといところです(笑)。割と打たれ強い方だと思います。アクション映画をやりたくて、今体作りを頑張っているので体力には自信があります!

――「Going!―」のお天気キャスター就任への意気込みをお願いします。

初めてのこと尽くしで緊張しますが、自分らしく、共演者の皆さんのお力をお借りしながら楽しんで取り組めたらいいなと思います。テレビの前の方々に分かりやすくお天気をお届けできるように精一杯頑張ります!

日曜日担当・永島聖羅コメント「(アピールポイントは)常に笑顔。リアクション大きめ」

【写真を見る】自身のことを「明るい」と表現する永島聖羅は明るい衣装で登場
(C)NTV

――「Going!Sports&News」への出演が決まった感想を教えてください。

とにかくすごくうれしかったです! 迷惑かけないようにお天気とスポーツをしっかりと勉強していきたいです。テレビで見ていた、上田さんや亀梨さんと共演できるなんて信じられないです。

――好きなスポーツやアスリート、興味のあるスポーツはありますか?

野球です。元々愛知出身で中日ファンで立浪和義選手が好きだったし、今年は甲子園で注目された根尾昂選手が中日に入団したということで、プロ野球はもちろん現場の取材でも直接野球に触れられるので、どんどん好きになっていきたいと思います。

――出演者(上田晋也、亀梨和也、江川卓、赤星憲広)の印象は?

江川さんは自分の経験を元にされる解説がとても分かりやすい。そして優しそう。上田さんは、スポーツ好きで、面白くていじってくれるところはいじってくれる。「上田さんがいれば大丈夫」という安心感があります。

赤星さんは(出身が)同じ愛知県で刈谷市という近さで親近感が沸いています。亀梨さんはスポーツ万能で野球がすごくてキラキラしているイメージです。

――永島さんご自身の強み・アピールポイントは?

元気で明るく、常に笑顔。リアクション大きめ。前向き。

――「Going!―」のお天気キャスター就任への意気込みをお願いします。

番組の魅力を引き立たせるのはもちろんですが、自分自身楽しんで、そして成長できるように頑張ります。「この子がお天気キャスターで良かった。何かいいね!」と言ってもらえるようになりたいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む