1. トップ
  2. 吉野北人「僕は好きってすぐ言う。相手が自分をどう思っているのか早めにはっきりさせたい(笑)」【プリレジェ連載】

吉野北人「僕は好きってすぐ言う。相手が自分をどう思っているのか早めにはっきりさせたい(笑)」【プリレジェ連載】

  • 2019.3.27
  • 547 views
映画「PRINCE OF LEGEND」に出演中の吉野北人(中)、藤原樹(左)、長谷川慎(右)
撮影=大石隼土

【写真を見る】キレキレのダンスが売り!の初々しい王子3SHOT

公開中の映画「PRINCE OF LEGEND」。クールでスタイリッシュだけど、素朴で努力家な天堂光輝(吉野北人)。怖そうに見えて、意外と天然キャラの日浦海司(藤原樹)。チャラそうなのに友情に厚く、真面目な小田島陸(長谷川慎)。ギャップ萌えまちがいなし!の磨けば光る原石集団、ダンス王子たちが集結した「Teamネクスト」の3人が登場!

吉野「僕たち3人は『PRINCE OF LEGEND』で初めて映像作品に挑戦させてもらったから、現場は勉強になることばかりだったね」

藤原「とにかく分からないことだらけで、勉強になることばかりでした」

長谷川「学ぶ部分と驚く部分が毎回ありましたよね。演技経験が豊富な先輩方を見ていると、セリフの言い方や演技のバリエーションが豊富だから、同じシーンでも全然見え方が変わって、ホントにすごいなって」

吉野「自分たちの力不足を感じたからこそ、自分たちはどうすればいいのかを3人で話し合うことも多かったし。自分たちで考えたことを現場に持ち込んだり、何度もリハーサルをして本番にのぞんだり」

長谷川「ダメ出しされたこともあったけど、それが大きな糧になったかなって」

藤原「一人だったらへこみまくって立ち直れなかったかも(笑)」

吉野「うん。いい意味で、現場で落ち込みすぎないようにしたよね。3人で頑張ろう!!って励まし合ってた」

藤原「あと、僕と慎は役作りのために食事制限したり」

長谷川「炭水化物を抜いて、2人でチキンばかり食べてました(笑)」

吉野「努力したかいがあって、2人ともバシッと顔がやせてたもんね」

――それぞれが演じた役柄と普段の3人は似ている? それとも似ていない?

吉野「樹が演じた海司は、怖そうに見えるけど実は天然キャラという設定だったけど、普段の樹もちょっと抜けているところあるかも?」

藤原「この役を演じたことで、自分でも最近ちょっと天然が表に出始めたような気がします(笑)」

吉野「自分はクールに見えて努力家なところが光輝と似てるんじゃないかな」

藤原「それ、自分で言う(笑)!?」

長谷川「北人さんは努力家だけど、クールではないと思うな~。だって、勘違いしたまま突っ走るタイプですもん(笑)」

吉野「確かに勘違いは多い(苦笑)。慎が演じた陸はチャラそうに見えて、意外と真面目っていうキャラだけど、普段の慎はチャラくないよね?」

藤原「うん。適当に見えて、ちゃんとやるタイプ」

長谷川「適当には見えるんですね(苦笑)」

藤原「ぱっと見は適当には見えるかもしれないんだけど、実際の慎はファッションとか自分が好きなものに関しては、とことん追求するタイプだもんね」

片寄涼太が大人気!?

【写真を見る】キレキレのダンスが売り!の初々しい王子3SHOT
撮影=大石隼土

――もし、女子目線で“三代目伝説の王子”を選ぶとしたら?

吉野「絶対に奏(片寄涼太)さん! 誰に対しても優しくて、紳士で、王子として完璧です」

長谷川「うん。奏さんには誰も敵わない」

藤原「奏さんも素敵だけど、個人的には京極兄弟の弟・竜(川村壱馬)もカッコいいなって。竜が自分の気持ちを誰にも伝えられない感じに、自分は心がつかまれちゃったな~」

吉野「男っぽくて、クールで一途っていう竜の役柄が壱馬にめちゃくちゃハマってたね」

藤原「THE RAMPAGEで活動を共にしている壱馬さんが、竜の思いをしっかり表現しているのを見て、めちゃくちゃ刺激を受けました」

吉野「壱馬も僕らと同じで“プリレジェ”が初めての映像作品だったから、自分も負けてられないなって」

長谷川「壱馬さんのアクションもカッコよかった~!かと思うと、家族とのシーンで優しい表情を見せたりするから、あのギャップにはやられました(笑)」

吉野「好きな女の子に対して真剣になっている男子がたくさん出てくるから、見て下さる方もきっと自分の“推し王子”が見つかるんじゃないかな」

長谷川「僕、ガブリエル笹塚さん(関口メンディー)推しなんですよ~。生徒会長の葵さん(佐野玲於)と側近のガブリエルのからみがすごく好きだし。厳しいけど愛のある生徒会長にどんなときも付いていくガブリエルに、ほっこりしちゃって(笑)」

――もし仲の良い友達と好きな子がかぶったら、諦める? それとも正々堂々と戦う?

長谷川「ライバルが仲のいい友達だからこそ、僕は正々堂々と戦い合いたい」

藤原「僕はライバルより勝るところを、正々堂々と好きな子にどんどんアピールしたい。で、ライバルに差をつける(笑)」

吉野「僕は好きってすぐ言うと思う」

藤原「え? すぐに告白!?」

長谷川「当たって砕けろ!って感じですか!?」

吉野「だって、自分の気持ちをまず伝えないと、相手が自分のことをどう思っているのかが分からないじゃない? とにかくそこを早めにはっきりさせたい(笑)」

長谷川「北人さん、メンタル強いですね~(笑)」(ザテレビジョン・取材・文=松浦靖恵)

元記事で読む