忙しい日は冷蔵庫にいつもいるあのコンビに助けてもらおう! 簡単納豆オムレツ3選

「納豆オムレツ」
料理:稲葉ゆきえ 撮影:野口健志

卵でまろやかさをプラス!「ねばねばオムレツ」

食卓によく登場する「納豆」と「卵」。それぞれ人気の食品ですが、一緒に食べるとよりおいしさを発揮します。今回はお互いの良さを引き出す納豆オムレツ3選をご紹介。

納豆オムレツ

【材料・2人分】

納豆(小粒) 1パック、卵 3個、パセリのみじん切り 1/2カップ ミニトマト 3個、添付の納豆のたれ 1袋、塩、バター

【作り方】

1. ボウルに卵を溶きほぐす。納豆とたれを白っぽくなるまでよく練り混ぜて加え、パセリ、塩適宜も加えて泡立てるように混ぜる。

2. フライパンにバター15gを溶かして1を流し入れ、弱めの中火でじっくり焼く。表面がかたまってきたら半分に折り、フライパンの縁を使って形を整え、上下を返して色よく焼く。

3. 器に盛って、半分に切ったミニトマト、好みでパセリを添える。

(1人分241Kcal、塩分1.1g)

ふんわり卵と、ねばねば納豆の口当たりが絶妙。仕上げとして、半分に切ったミニトマトとパセリを添えれば見栄えもバッチリです。表面がかたまってきたら、お好みのかたさに調整しながら焼き上げて召し上がれ。

ねばねばオムレツ

下ごしらえで使用するモロヘイヤは茎がかたいので、葉だけを摘んでから調理しましょう。葉を包丁で細かくたたきながら刻むことで、より粘り強い口当たりに。細切りにしたきゅうりと、貝割れ菜を一緒に並べれば食卓の彩りが豊かになります。

卵でまろやかさをプラス!「ねばねばオムレツ」
料理:広沢京子 撮影:広瀬貴子

なめたけ納豆オムレツ

全体が半熟にかたまってきたら、形を整えて裏返す準備をしてください。返すのが難しい場合は、皿に滑らせてから裏返すと上手にできますよ。「フワフワ」「ネバネバ」「シャキシャキ」の食感を同時に堪能できる贅沢な1品。

「なめたけ納豆オムレツ」
料理:飛田和緒 撮影:白根正治

卵液に材料を入れて焼くだけなので、時間がない朝にもおすすめ。この機会に、是非レパートリーに加えてみてください。(レタスクラブニュース)

元記事を読む
提供元: レタスクラブニュースの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。