1. トップ
  2. ファッション
  3. フィルメランジェ 2019年春夏コレクション - ラフに楽しむリラクシングなベーシックウェア

フィルメランジェ 2019年春夏コレクション - ラフに楽しむリラクシングなベーシックウェア

  • 2019.3.24
  • 1754 views

フィルメランジェ 2019年春夏コレクション - ラフに楽しむリラクシングなベーシックウェア

フィルメランジェ(FilMelange)の2019年春夏コレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

ベーシックをフィルメランジェらしく更新

今シーズンもベーシックなアイテムの素材やカラーをアップデートし、フィルメランジェらしいこだわりが垣間見えるピースを展開する。

ヴィンテージの編地を表現したジャケット

春先に活躍してくれそうなダブルジャケットには「スウェード鹿の子」を使用。コットン100%の鹿の子編みで、フィルメランジェが愛してやまないヴィンテージの編地を表現している。スウェーデン軍のアンダーウェアを着想源に、厚みとハリ感を持たせて、アウターにも仕立てられる編地を開発。表面には微起毛を施すことで、スエードタッチに仕上げた。

織物のような表情を持ちつつも、カットソーのような伸縮性があり、ジャケットというアイテムでありながら窮屈さを感じさせない。フランスのシェフジャケットにインスパイアされた袖口は折り返しても着用するこもでき、ボタンも外してラフに楽しみたい1着だ。

ボーダーは爽やかに着こなす

夏のマストアイテム、ボーダーTシャツも更新。デイリーに着用できるようシルエットはベーシックながらも、オリジナルのピッチやパリッとした質感で、より一層爽やかな印象へと導いた。ウィメンズのボーダーワンピースはマキシ丈で。ボリュームのあるシルエットで、リラクシングなムードを演出している。

どこか懐かしいスポーティーなTシャツ

カラーは落ち着いた色味が主流だが、その中で一際目を惹くのが、ゆったりとしたシルエットの真っ赤なTシャツ。細い部分や太い部分が出るように作られたスラブ糸から生まれる、手紡ぎのようにムラ感のある表情が特徴だ。清涼感溢れるさらっとした肌触りで、着心地が良いのも嬉しい。ネックにはリブを採用。ダブルラインも相まって、スポーティーでどこか懐かしい雰囲気を纏っている。

元記事で読む