ジエダ 2019-20年秋冬コレクション - “平成”に生まれたカルチャーをミックス

ジエダ 2019-20年秋冬コレクション - “平成”に生まれたカルチャーをミックス

ジエダ(JieDa)は2019-20年秋冬コレクションのランウェイショーを2019年3月23日(土)に渋谷ヒカリエで開催した。

undefined
www.fashion-press.net

テーマは「レイブカルチャー」

コレクションの起点は「レイブカルチャー」。特に、90年代後半から2000年代にかけて流行したカルチャーにフォーカスし、デザイナーの藤田宏行ならではのアイデアで、文化の垣根を超えミックスしてアレンジする。

タイダイ柄のビッグフーディ、ツヤのあるエナメルパンツ、総柄のフリースジャケットなどパンチあるピースが並ぶ。肩を並べるのは、ダブルのジャケット、ロングシャツといったオーセンティックなピースたちだ。カテゴライズは要らない、バッグにある時代背景や文化などにもとらわれずに“かっこよさ”だけを突き詰めて様々な要素をかけ合わせていく。

前後/左右で非対称「二面性」を持つウェア

「二面性をもたせなかった」デザイナーの藤田が放った言葉は、左右・前後非対称なアイテムが物語る。トレンチコートやテーラードジャケットは、身頃半分がプレーンな生地で、もう一方はストライプやチェック柄になっている。

デニムパンツは濃淡異なる生地をパッチワーク。前後で繋ぐ位置も変えることで、ショートパンツのようでクロップドパンツのような、だまし絵のような仕上がりに。チェックシャツは色、模様違いのチェック生地をランダムに組み合わせて仕上げてた。

デニムジャケットは前からみるとスタンダードなのに、後ろから見るとケープのようなフォルムに。バックスタイル中央でカットしふわりと広げた。よくみると袖口もカットされて、前後で丈の長さが違っている。

“着れる”ポーチ

ポイントになっているのは、着用できるスポーティーポーチ。“鞄を持たない、荷物の少ない”男性たちにぴったりなアイデアピースだ。クロスストラップを付けてベスト風にアレンジしたり、スウェットトップスに胸ポケットのようにあしらったり。ストリートでいま人気のウエストポーチタイプも登場していた。

足元には、ネオンカラーのスニーカーをチョイス。装いに合わせて、左右で色の配色を変えたユニークなデザインもあった。コラボレーションも満載、ディッキーズ(Dickies)、エレッセ(ellesse)、フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)とタッグを組んだピースも交えた。

「平成最後のトウコレ」でチャーミングに閉幕

ショーのラストには、デザイナー藤田が登場。観客席を見つめた後にはチャーミングなパフォーマンスが…纏っていたジャケットの背中には「平成最後の東京コレクション」の文字が刻まれている。ショーの終わりには「僕らしいユニークさを入れたかった」と、このメッセージに込めた思いを話していた。

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理