1. トップ
  2. 恋愛
  3. 倦怠期なだけ? 自分から別れを切り出さないオトコの本性とは

倦怠期なだけ? 自分から別れを切り出さないオトコの本性とは

  • 2015.3.16
  • 7924 views

【相談者:10代女性】

付き合って3か月になる彼氏がいます。ここ1か月間、少しずつ連絡の回数が減り、最終的には私からのLINEを最後に1週間、返信がない状態です。その後、あるテーマパークのキャンセル料金を返すことを学校で伝えたら、彼は夜、友達と2人でお金を受け取りに来ました。完全に2人で会うことを避けられています。

彼が友達に、「もう別れようと思っている」と言っていることも聞きました。別れたいならさっさと言ってくれたらいいのに、なぜ彼は何も言ってこないのでしょうか? 「ちょっと早い倦怠期だよ」と言う友達もいますが、正直、今私はどうすればいいのかわかりません。

●A. 自分から別れを切り出さない彼はずるい人間です。

はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。

ご相談内容、拝読いたしました。LINEの返事が来なくなってから2人で会いたがらない、周囲に「別れようと思っている」と言いふらしているあたり、彼はやはり相談者さんと別れたがっているような気がします。しかも彼は、相談者さんから別れを切り出されるまで待つか、自然消滅を狙っている印象を受けました。

自分からは別れを言い出さない男性の本音を、わたしの周囲の男性に聞いた結果が以下の理由です。

(1)自分から別れを告げるのは辛い。言い出す勇気がない。

(2)はっきりと別れる決意が固まっていないから。

(3)次の恋人候補とうまくいきかけているから。

●自分から別れを告げないのは、彼がずるい人間だから

彼の言動から推測すると、「自分から別れを告げるのは辛い。言い出す勇気がない」という理由がもっとも当てはまっている感じですが、彼は「辛い」というよりも、「面倒だから=別れを告げて泣かれたりなどしたくない」「自分が悪者になりたくない」という気持ちのほうが強い、ずるい人間のような印象を受けました。

彼は、自分さえよければいいという、自分勝手で自己中心的な考えの持ち主かもしれません。そうでなければ、相談者さんに別れ話を言う前に周囲に言うようなことはしないと思うからです。

本来であれば、2人で話し合って解決しなければならないプライベートな話、しかも悪い方面の話であれば、先に周囲に伝えてしまうと、それを又聞きした相談者さんが傷つくのは当然の結果です。彼はその現実に配慮をしないで、“自分がしたいこと=相談者さんと別れること”だけを優先しているからです。

●倦怠期ではない

ご友人の中には、「倦怠期だよ」とおっしゃる方もいるそうですが、わたしは倦怠期ではないと思います。倦怠期とは、簡単に言うと、マンネリ気味な関係です。

もし双方が別れたくないと考えているのであれば、会う回数を減らすなど、お互いに努力し合うものではないでしょうか。対して彼は、相談者さんと2人で会うことすら拒否しているのです。しかも、人を介するという、かなりずるい手段を使って。

●自分から彼に別れを告げよう

もし相談者さんが彼と別れてもいいと考えているのであれば、相談者さんから別れを告げてみてはいかがでしょうか。別れ話は本来、直接会って話すべきですが、彼のようなずるいことをする男性に、会う必要はないと思います。

LINEで、「別れよう」など、なるべく簡潔に、相談者さんの伝えやすい言葉を書いて送ってみるのです。簡潔に書いたほうがいい理由は、彼が別れたい気持ちを相談者さんに伝えるより先に、周囲に伝えたという“前科”があるからです。長々と書き連ねると、何を言いふらされるかわかりません。

この行動は、“別れを切り出さないずるい男性の後処理をしてあげる”ということになりますが、人生には因果応報の法則があります。彼は、好きだからこそお付き合いしたはずの相談者さんを、自己中心的な考えで傷つけました。そして、別れ話をしたいのは自分のほうなのに、その現実から逃げ続けています。この行動は将来、必ず何らかの形で返って来て、今度は彼が深く傷つくはずです。

相談者さんは後処理を代わりに果たすという、彼の役に立ったのですから、「立つ鳥跡を濁さず」という気持ちで、LINEを送ったら彼のような男性はさっぱりと忘れて、次の恋を探しましょう。

因果応報とは、人にしたことが自分にも返ってくるということです。だから、人にはたくさんいいことをして、相手が嫌がること(自分がされたら嫌なこと)はしない、という意味も含んでいるのです。

自分から別れ話を出してケリをつけるのは納得できないかもしれませんが、他人に平気でずるいことやひどいことをする人間と一緒にいると、曖昧な言い方になってしまいますが、相談者さんにもその悪い運気が伝染してしまいます。相談者さんご自身のためによくないと感じたので、今回の方法をお伝えしました。

ーーーーーーーーーー

また何かありましたら、いつでも連絡をください。彼がしたことに対して怒ることなく冷静に、「どうしたらいいんだろう」と考える相談者さんなら、他にもっと素敵な出会いがあると思います。

1日でも早く相談者さんのお気持ちが楽になりますように。願っています。

(ライタープロフィール)

内埜さくら(恋愛力アップ専門家)/恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので、詳細はブログまで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

元記事を読む