1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ぐっとおしゃれに♡真似したくなる「ポスター」のディスプレイ術

ぐっとおしゃれに♡真似したくなる「ポスター」のディスプレイ術

  • 2019.3.22
  • 6103 views

お部屋の壁をおしゃれに演出してくれるポスター。飾り方や配置によって、インテリアの雰囲気もガラッと変わります。

しかし、どんな風にディスプレイすれば良いのか分からないという方も多いですよね。

そこで今回は、ポスターのおしゃれなディスプレイ術をご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

ポスターのディスプレイ術

シンプルにひとつだけ飾る

ポスターのデザインを引き立てるには、一枚だけをシンプルに飾る方法がオススメです。

お気に入りのものを壁に飾れば、家事のモチベーションも上がりますよ。

黒いフレームにモノトーンカラーのポスターを飾ったインテリア実例。

フレームの黒が空間を引き締めてくれていますね。

アンティークテイストの空間によく馴染んでいて、味わいのあるインテリアに仕上がっています。

存在感のある大きなポスターなら、一枚だけでもインテリアの印象をガラッと変えてくれます。

ウォールシェルフや鏡を採用し、壁の余白を上手に活用されていますね。

ちなみに、こちらはplaytypeのポスターです。

横に並べて飾る

大きめのポスターを横に二枚並べたインテリア実例。

モノトーンカラーのポスターを採用して、グレーの壁紙と上手にコーディネートされています。

ガラス棚の幅に合わせてポスターをディスプレイしているので、バランス良く空間がまとまっていますね。

等間隔に三枚のポスターを飾り、壁をおしゃれに演出。

白い壁に黒いフレームが映えて、シンプルながらも洗練されたインテリアに仕上がっています。

観葉植物の緑色がプラスされることで空間がぐっと華やかに。

二枚の空間を開けて、間にウォールステッカーやガーランドをプラス。

男前テイストのかっこいいインテリアに仕上がっていますね。温かみのある照明使いも素敵です。

白で統一されたスタイリッシュなインテリア。

サイズ違いのポスターを二枚並べる際には、下のラインを揃えてディスプレイすることで、インテリアがバランス良くまとまります。

高さをずらして飾る

同じサイズのポスターも、高さをずらしてディスプレイすることでまた違った印象に。

ちなみに、こちらはセリアのセメントバッグをリメイクして作ったものだそうです。

可愛らしいピンクの壁紙が目を引くインテリア。

サイズ違いのポスターをずらして飾り、空間のアクセントにしていますね。

可愛らしい印象のお部屋に黒いフレームが入ることで、インテリアがキリッと引き締まった印象に。

高さをずらして三枚のポスターをディスプレイ。

シックなカラーの落ち着いたインテリアに、不揃いなポスターが加わることで空間に動きが生まれます。

ちなみにこちらのポスターは、ココラパンデザインのアイテムです。

一枚は壁に飾り、もう一枚はソファに立てかけて空間を演出。

フレームにもそれぞれ違うデザインのものをチョイスして、変化を付けてディスプレイされていますね。

様々なサイズのものを使う

サイズ違いのポスターをたくさん使い、壁いっぱいにディスプレイ。

一見ランダムに飾っているように見えますが、下のラインを揃えてディスプレイしているのでごちゃごちゃとした印象になりません。

一枚の大きなポスターに、小さなフレームを組み合わせてディスプレイ。

棚にはアートパネルや小物を並べて、海外インテリアのような洗練された空間に。

ちなみに、大きなポスターはアンディ・ウォーホルのものです。

サイズ違いのポスターをたくさん使ったインテリア実例。

シンメトリーにディスプレイしてあげることで、失敗することなく複数のポスターを飾ることができますよ。

フレームも同じテイストで揃えてあげると、さらに見栄えが良くなります。

花がデザインされたViSSEVASSEのポスター。

絵の花と同じカラーの生花を飾って、ポスターと現実をリンクさせています。

暗いトーンの壁紙も、ピンクの花がプラスされることでパッと明るい雰囲気に。

ウォールシェルフを使う

ウォールシェルフを使ったディスプレイ方法は、壁にポスターを付けないのでインテリアの気分に合わせて気軽に並べ替えることができます。

こちらの方は複数のポスターを使って、空間を上手にコーディネートされていますね。

ウォールシェルフを使ってポスターをディスプレイ。

温かみのある木製フレームを使って、カフェテイストのインテリアと上手くコーディネートされています。

メニューボードも一緒に飾ればさらに雰囲気が出ますよ。

小さめのウォールシェルフに小ぶりのポスターをプラス。

木製の棚板を使用されているので、黒とグレーを基調としたシックなディスプレイもどこか温かみのある印象に。

床に置く

床にポスターを立て掛ければ、海外インテリアのようなこなれた雰囲気に。

床置きの場合目線が下がってしまうので、存在感のある大きめサイズのものがオススメです。

デスク周りにポスターをディスプレイして印象的な空間に。

木目調で統一された空間に白っぽいカラーのポスターが入ることで、空間にメリハリがプラスされていますね。

ポスターを生かすには飾り方も大切!

ポスターのディスプレイ術をご紹介しました。

飾り方次第でお部屋の印象がガラッと変わるので、飾り方にもこだわってみてくださいね♪

お気に入りのインテリアアイデアがありましたら、是非真似してみてください!

元記事で読む