1. トップ
  2. おでかけ
  3. 京都「二条城桜まつり2019」ネイキッドによる桜のプロジェクションマッピング、過去最大の演出で

京都「二条城桜まつり2019」ネイキッドによる桜のプロジェクションマッピング、過去最大の演出で

  • 2019.3.22
  • 13937 views

京都「二条城桜まつり2019」ネイキッドによる桜のプロジェクションマッピング、過去最大の演出で

クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED)が、京都の世界遺産・元離宮二条城にて「二条城×ネイキッド 世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019」を開催。期間は、2019年4月14日(日)まで。

undefined
www.fashion-press.net

「二条城×ネイキッド 世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019」は、例年人気を博している唐門でのプロジェクションマッピング演出に加え、菜の花のイルミネーションや、桜とデジタルを融合させた新企画などを実施。過去最大の演出エリアを設けた、ダイナミックなデジタル演出が、京都の歴史深い建築物の中に現れる。

唐門のプロジェクションマッピングショーは、唐門に彫り込まれた生き物に桜の精霊が宿り、来城者を春の宴に誘うロマンティックな演出が特徴。2019年は、“青い蝶”が唐門から飛び立ち、金色に変化して舞い上がりながら城内に春を運んでくるというストーリーが描かれる。

サトザクラが咲き誇る「桜の園」を通り抜ける桜の小道の演出は、本年初実施のもの。小道を抜けた先には、菜の花をイメージした美しいイルミネーションが来場客を待ち構えている。

また城内の南中仕切門から西橋付近には、3月29日(金)より特別有料ゾーンが登場。満開の枝垂桜のライトアップや、映像で映し出す桜の花びらの上を歩いて楽しむ通り道をはじめ、プロジェクションマッピングによって大きな本のページをめくるようにストーリーが展開するネイキッドのアート「BIG BOOK」などを楽しむことができる。

【詳細】
二条城×ネイキッド 世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019
期間:2019年3月21日(木)~4月14日(日)
時間:昼 8:45~17:00(最終受付16:00)、夜 18:00~21:30(最終受付21:00)
開催場所:元離宮二条城(京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541)
入城料金:大人600円、中学・高校生350円、小学生200円 ※価格は全て税込
※夜間観覧時は観覧エリアが限定。
※通常観覧と夜間観覧は入替制。
※和装での来城者は入城料及び夜間観覧料が無料。
※4月1日(月)から通常観覧時の二の丸御殿観覧料は必要。
■特別有料ゾーン
期間:2019年3月29日(金)~4月14日(日) ※受付は18:00~21:10
料金:300円(税込、小学生以上)

元記事で読む
の記事をもっとみる