片寄涼太と白石聖、舞台上でけんか勃発? 佐野玲於が「公共の場でけんかはやめてもらっていいですか?」

映画「PRINCE OF LEGEND」の初日舞台挨拶に登壇した片寄涼太
撮影=阿部岳人

映画「PRINCE OF LEGEND」の初日舞台挨拶が21日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいち、白石聖の15名が登壇した。

【写真を見る】劇中のポーズを再現する片寄涼太ら

一番最初にあいさつをしたTEAM奏・朱雀奏を演じた片寄は「今日、桜の開花宣言がされましたが、『PRINCE OF LEGEND』も開花宣言ということで。この桜はもっとずっと長い間咲き続けさせたいな」とコメント。TEAM京極兄弟のヤンキー王子・京極尊人を演じた鈴木は「好きな言葉は情熱です。鈴木伸之です!」とハイテンションにあいさつ。あいさつの途中で「コメントがどこか行ってしまった(笑)」と語りながら会場を盛り上げた。

紅一点のヒロイン・白石とは久しぶりの再会となった片寄は、司会から久しぶりの再会について聞かれるも「相変わらず、冷たいなーと。『あ、どうも』くらいの感じなんですよ」と不満を告白。白石が『そんなつもりはないんですけど。私はフレンドリーに接しているつもりだった」と反論すると、佐野が「公共の場でけんかはやめてもらっていいですか?」と仲裁に入る場面も。

イベント中盤では、公式HPで募集した「王子絵」のイラストの中から、各グループごとに選出した大賞が発表された。チーム奏の大賞作品の紹介では、片寄、飯島、塩野が3人そろってイラストのポーズを再現し、歓声が上がる一幕も。

また、白石以外の王子14人で白石の似顔絵を描き、似顔絵が最も上手な「絵心王子」と最も下手な「ド下手王子」を白石が選定することに。結果、塩野が「絵心王子」に選ばれた。白石は「ほかの人はどっこいどっこい(笑)」と厳しい意見を言いながらも「本人を喜ばせてあげようというのが一番感じられました」と選んだ理由を語った。「ド下手王子」に選ばれてしまったのは町田。白石は、「すっごいかわいらしいとは思うんですけど、"置きにいったな"」とコメント。町田は「全力を出してそう思われたら申し訳ない(笑)」と平謝りだった。

イベントの最後にあいさつした片寄は「実は今日、両親の結婚記念日で。自分も中心となった作品を公開することができて、少し親孝行できたかなと思っています」と語り、会場を沸かせていた。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理