垂れ尻解消!“脚の裏側”を鍛えれて引き締まった美尻を叶えるストレッチ

ひざ振り開脚

脚裏が衰えると、お尻が垂れていく

「美尻になりたければ、まず着目すべきは脚裏。お尻のたるみは、太もも裏やひざ裏、ふくらはぎなど脚の裏側にある筋肉の衰えが深く関わっています」と南先生。

なぜ、ダイレクトにお尻を鍛えるよりも、「脚裏」へのアプローチが効果的なのでしょうか。その理由は、お尻がたるむまでの過程にあります。
「股関節がゆがんで姿勢が悪くなると、ひざが曲がり、太もも裏など“脚裏”の筋肉がうまく使われなくなります。すると、お尻の筋肉を支えられなくなり、垂れ尻を招いてしまいます」(南先生)

お尻の筋肉を支えている脚裏の筋肉を再稼働させれば、姿勢もよくなりキュッとヒップアップ。そこで、ここでは「脚裏」の筋肉をほぐしたり、鍛えたりするストレッチや、垂れ尻の根本にある「股関節のゆがみ」を改善するストレッチを行っていきましょう。

<お尻たたき>

ひざをリズミカルに曲げる動きで脚裏を鍛え、お尻を引き上げます。ポイントは、“恥骨”をぐっと床に押しつけること。

<1>

お尻たたき1

うつ伏せになったら、両手の指先をあごに当てます。ひじを床につき、胸から上を床から浮かせましょう。手のひらはぴったりと合わせておきます。
そして、恥骨をぐっと床に押しつけることがポイント。
足は腰幅程度に開き、左ひざを90度程度に曲げます。左足の指先は天井へ。

<2>

お尻たたき2

左足の足首を曲げる、伸ばすを繰り返しましょう。これを10往復くり返し、足首をほぐします。

<3>

お尻たたき3

<1>の状態に戻ったら、かかとでお尻を叩くように左ひざをさらに曲げます。反動をつけてもOKなので、できるだけかかとをお尻に近づけます。これを5回くり返しましょう。最初はかかとがお尻につかない人も、くり返すとつくようになります。

<4>

お尻たたき4

左足を下ろしたら、恥骨を床にぐっと押し込むイメージで上半身を反らします。顔を斜め上に向け、ふーっと息を吐きましょう。

<1>~<4>の動きを右脚でも同様に行います。

 

<ひざ振り開脚>

股関節のストレッチ。股関節が柔軟になると太ももの前・内・裏側をバランスよく使えるようになります。骨盤を立てた状態で行うことが大切です。

<1>

ひざ振り開脚1

背もたれのあるイスを用意します。
座面に左足を乗せ、背もたれの上部を両手で握ります。右ひざはしっかり伸ばし、頭から右足までを一直線にします。

<2>

ひざ振り開脚2

床についた右足のかかとを上げ、それにつられるように左足のかかとも上げます。このとき足指の裏を使って、できるだけ高くアップします。

<3>

ひざ振り開脚3

イスにのせた左脚のひざを外側へ振ります。リズミカルに5回振りましょう。

<4>

ひざ振り開脚4

右ひざをぐーっと外側へと開き、3秒キープ。その際、骨盤を立てたまま行うことを意識。
脚を入れ替えて、<1>~<4>の動きを左脚でも同様に行います。

<脚の縮み伸ばしストレッチ>

縮んだ脚裏の筋肉を伸ばしていきます。5本の足の指でしっかり床を押し、ひざ裏や内ももの伸びを感じましょう。

<1>

脚の縮み伸ばしストレッチ1

肩幅よりやや広く脚を開き、両手は腰に添えておきましょう。
足の中指と薬指が正面に向くように位置をセットしたら、かかとだけ床から浮かせます。

<2>

脚の縮み伸ばしストレッチ2

ひざ裏を伸ばすことを意識して、左足の指を前方へすべらせます。
前へ出した足指をすべらせながら元の位置に戻し、今度はすべらせながら斜め45度前方へ。
再び、すべらせながら元の位置へ戻しましょう。

<3>

脚の縮み伸ばしストレッチ3

今度は、内ももの伸びを意識して左足の指を真横へすべらせます。元の位置に戻し、次は斜め45度後方へ。再び元の位置に戻したら、最後は後方へすべらせます。
足指の移動は、すべて床の上をすべらせ行います。

<1>~<3>の動きを左足でも同様に行います。

脚裏の筋肉がきちんと働けば、お尻はもちろん下半身全体が引き締まっていきます。
どれも短時間で簡単にできるストレッチなので、ぜひ、隙間時間に行ってみましょう。

撮影/山上忠 モデル/成田沙季(ニュートラルマネジメント)ヘア&メイク/斎藤節子 文/柿沼曜子 衣装協力/アディダス

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。