1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョウタロウ サイトウ 2019年秋冬コレクション - 着物はもっと自由で、格好良い

ジョウタロウ サイトウ 2019年秋冬コレクション - 着物はもっと自由で、格好良い

  • 2019.3.20
  • 657 views

ジョウタロウ サイトウ 2019年秋冬コレクション - 着物はもっと自由で、格好良い

ジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)の2019-20年秋冬コレクションが、2019年3月20日(水)に発表された。ランウェイには俳優の早乙女太一、敦士も登場した。

undefined
www.fashion-press.net

テーマは「邪魔しないで。」

今シーズンのテーマは「邪魔しないで。(UNOBSTRUCTIVE)」。キモノはもっと自由で、格好良い。人々の着物に対する固定観念にモノ申す、渾身の42ルックを披露した。

グラフィカルな模様で伝統着をモダンに

伝統的な着物を自由に楽しむために取り入れられたのは、グラフィカルなパターン。ダイナミックで鮮やかな模様は、ジョウタロウ サイトウが得意とするものであるが、その存在はよりモダンなムードを増しているように感じられる。

たとえば丸、三角、四角で構成された格子柄は、今季の特徴的なパターンの1つ。時にはローズとブルーの美しいグラデーションと共に、時にはクラシカルな花柄と組み合わされ、着物の上で表現される。

その他にもウォールペイントのようにカラフルな模様や、ワイルドなアニマル柄、鏡面を思わせるパターンなどが採用され、クールでアヴァンギャルドな雰囲気を醸し出していた。

無骨なデニムを上品に楽しむ

着物の素材としては珍しい、デニムを起用したピースも目を惹く。ブラックデニムとブルーデニムを切り替えることでコントラストを効かせたピースには、前身頃やバックスタイルに大きな花柄を配した。デニムの無骨な印象と、着物が持つ上品な魅力が、見事に融合している。友情出演した俳優・早乙女太一は、ブルーデニムにイエローでアクセントを加えたアニマル柄の一着を纏った。

江戸時代の羽織りから着想した新作「ロウコート」

新しい和装アイテムとして提案されたのは、メンズモデルたちが羽織るコートジャケット「ロウコート」だ。江戸時代に牢屋の取締りをした牢名主(ろうなぬし)の羽織ものをイメージしている。時代劇でもお馴染みの伝統着を、薄く軽やかな紋紗や、内側に花柄をあしらったリバーシブルタイプなど、多彩なバリエーションでモダンに昇華した。

元記事で読む