1. トップ
  2. インテリア
  3. ハイセンスな洗練された空間に!憧れの《海外風インテリア》をチェック♡

ハイセンスな洗練された空間に!憧れの《海外風インテリア》をチェック♡

  • 2019.3.20
  • 13388 views

シンプルながらも洗練された海外インテリア。そんなお部屋に憧れるけど、どんな風にインテリアをコーディネートすれば良いのか分からない、なんて方も多いですよね。

そこで今回は、素敵な海外インテリアを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

海外風インテリアを紹介★

リビング

キャンドル使いが素敵なインテリア。落ち着いた色味で全体をまとめて、大人っぽい空間に仕上げていますね。

ヘリンボーン床を採用すれば、お部屋がぐっとオシャレな印象になります。

ボーダー柄のラグを取り入れて、カジュアルな雰囲気のインテリアに。たくさんの観葉植物をディスプレイし、賑やかな空間に仕上げていますね。

ソファはクッションでボリューム感を出すと、海外っぽさがぐっと増します。

アンティークテイストでまとめたシンプルなリビング。古びた風合いのセンターテーブルと、レザーのソファがよくマッチしていて素敵です。

壁面にはドライフラワーを飾り、空間をオシャレに演出しています。

シックなカラーでまとめた大人っぽいインテリア。ブルーのアクセントクロスを採用して、インテリアにアクセントをプラスしています。

くすんだ色味のブルーを使っているので派手な印象にはならず、インテリアに違和感なく馴染んでいますね。

ピンクを基調としたインテリアに、ブルーのソファで甘さを控えめに。ポップな色使いですがどこか大人っぽい印象で、上手に空間をコーディネートされています。

キッチン・ダイニング

サブウェイタイルをキッチンに取り入れれば、海外のカフェのような雰囲気に。ハッキリとした白いタイルと黒い目地が、インテリアをキリッと引き締めてくれます。

キッチンを白で統一すれば、生活感のないハイセンスな印象に。

このままでは無機質な印象になってしまうので、観葉植物をディスプレイして、生き生きとしたアクセントをプラスしていますね。

木目の風合いがナチュラルなダイニング。たくさんのものが配置されていますが、テイストが統一されているため、ごちゃごちゃとした印象は受けません。

モノトーンでダイニングを統一して、洗練されたオシャレ空間に。

インテリアが重たい印象にならないよう、可愛らしいお花をプラスして空間に色味を足しています。

清潔感のある白いキッチンは、見せる収納を活用して親しみやすく。グリーンやポスターをディスプレイして、バランス良くインテリアをまとめていますね。

寝室

モノトーンを基調としたインテリアにピンクをプラスすることで、大人可愛い雰囲気に仕上がります。

モノトーンインテリアはきちんと感が出てしまいがちですが、ピンクが入ることで空間が柔らかい印象になりますね。

ベッド周りにジュエリーライトをプラスしてあげれば、海外らしさがぐっと増します。

ガーリーになり過ぎないよう、黒いクッションを取り入れて、甘さ控えめなインテリアに。

真っ白で統一された清潔感のある寝室。黒いライトを採用することで、単調になりがちなホワイトインテリアにメリハリをプラスしています。

たくさんのクッションを使って枕元にボリュームを出すことで、海外風のベッドに。

同じ柄や生地のものを同じ列に並べて積んでいけば、バランスよくコーディネートできますよ。

トイレ・サニタリールーム

View this post on Instagram

@maynum00がシェアした投稿 -

淡いグリーンのアクセントクロスが印象的なトイレインテリア。生活感が出てしまいがちなスプレーは、カバーをプラスしてオシャレに目隠しされています。

ストライプ柄の壁紙を採用して、モノトーンインテリアに。スタイリッシュな印象になり過ぎないよう、観葉植物で優しげなアクセントをプラスしています。

サブウェイタイルが目を引く洗面台。丸鏡が空間をよりオシャレに演出してくれていますね。

白いタイルと観葉植物のグリーンのコントラストが爽やかで、朝の支度も楽しくなりそうなインテリアです。

白を基調としたインテリアにお花をプラスした女性らしいインテリア。物をあまり置いていないので生活感がなく、ホテルのような空間に仕上がっています。

高級感のある大理石調フロアを採用し、モダンな雰囲気のインテリアに。

生活感が出てしまいがちな洗濯機も、ドラム式をチョイスすることで海外チックなインテリアに仕上がります。

憧れの海外インテリアにチャレンジ!

海外インテリアを紹介しました。どのインテリアもハイセンスで、真似したくなるようなお部屋ばかりでしたよね!

お気に入りのインテリアアイデアがありましたら、ぜひ参考にしてみてください♪

元記事で読む