1. トップ
  2. キスマイ玉森が高額当選の「10万円でできるかな」や片寄涼太、平野紫耀出演番組が上位にランクイン!【視聴熱TOP3】

キスマイ玉森が高額当選の「10万円でできるかな」や片寄涼太、平野紫耀出演番組が上位にランクイン!【視聴熱TOP3】

  • 2019.3.20
  • 626 views
2時間SPが放送された「10万円でできるかな」が1位を獲得
KADOKAWA

【画像を見る】2位の「しゃべくり007」には片寄涼太、3位の「帰れマンデー―」には平野紫耀が出演

webサイト「ザテレビジョン」では、3月18日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「10万円でできるかな」(毎週月曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)23774pt

10万円を使ってKis-My-Ft2メンバーが体を張ってロケをし、そのVTRをスタジオでサンドウィッチマンが検証する人気番組が、今春からゴールデンタイムに昇格。その新章へ向けて弾みをつけるべく3月18日に「ゴールデン進出2時間スペシャル」が放送された。

今回は「宝くじ10万円分買ったら元取れるかな?」と、永野芽郁と綾小路きみまろが参戦した「10万円分、1000円ガチャやったら元取れるかな?」の人気企画2本立て。

「宝くじ―」では、ビンゴゲームのようにタテ・ヨコ・ナナメをそろえて当てる宝くじ“ビンゴ5”に挑戦し、キスマイメンバー7人それぞれが10万円分=500口分を購入。宝くじの雑誌編集長と宝くじ研究家という、宝くじを知り尽くすプロ2人から理論を教えてもらいながら数字を選択した。

そんな中、隣の枠の数字に5を足したものを選ぶ「5足す理論」を真面目に取り入れた玉森裕太が高額当せんを果たした。

当せん確認では合計3500枚のくじをいっせいに確認するため、約350人の助っ人と共にビンゴ大会形式で発表。玉森のくじの中から2枚が、2等の6ラインをそろえて、合計50万1200円を獲得した。

その2枚のくじは全ての数字が同じで、500口分を選択するうちに偶然かぶってしまったという玉森。宝くじのプロによると、同じ数字を書く確率は39万分の1とのことで、その2枚が高額当せんするラッキーな結果になった。

ただ、あと数字を1つ、5分の1の確率で当てれば、8ラインがそろう1等で合計1226万円ゲットだった。その残り1つの数字も「5足す理論」を使っていれば当たりだったため、玉森らは残念がった。

2位は「しゃべくり007」
KADOKAWA

2位「しゃべくり007」(毎週月曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)6850pt

「人生が変わる1分間の深イイ話」(毎週月曜夜9:00-9:54)との合体スペシャルとなった3月18日は、高畑充希とGENERATIONS・片寄涼太がゲスト出演。

10日に最終回を迎えたドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)で共演した菅田将暉からのタレコミ情報で、「楽譜のない音楽が好き」と紹介された片寄。小さい頃からクラシックピアノを習っていた片寄は、楽譜の音符通りに弾いていたため、「ジャズとか、アドリブが許される音楽」をカッコいいと思っているという。

そこで、スタジオでピアノ曲「カノン」を弾くことになるも、緊張でミスタッチをしてしまい、謝る片寄に、有田哲平は「間違えたりした時は、ワォっとかフォーとか言えば」とアドバイス。

その後、もう一度挑戦してミスした片寄はアドバイス通りに「フォー!」とごまかして、スタジオは笑いに包まれた。

また、劇団EXILEの鈴木伸之からのタレコミがクイズ形式で紹介されたとき、徳井義実らしゃべくりメンバーは変顔で回答。

すると、鈴木のタレコミの答えを知らない片寄も回答したあとに、まさかの変顔を見せて、原田泰造らから「すげぇの持ってんな」とお褒めの言葉が。片寄は「やれたぁ~、うれしい!」と変顔が披露できたことを喜んだ。

ほかにも「3年A組―」で話題になった朝礼体操を披露するなど、片寄のさまざまな表情が見られたことに、ファンは歓喜した。

3位は「帰れマンデー見っけ隊!!」
KADOKAWA

3位「帰れマンデー見っけ隊!!」(毎週月曜夜7:00-8:00、テレビ朝日系)3176pt

3月18日は、 サンドウィッチマンが浅野ゆう子、King & Prince・平野紫耀と神奈川県唯一の村・清川村へ。路線バスでサイコロで出た目だけ進み、飲食店を見つけながら、ゴールの宮ヶ瀬ダムを目指す旅をした。

最初のバス停で降りる際、バスの降車ボタンを押すのが初めてという平野は「押していいんですか?」と喜んだ。そしてバスを降りて歩き出すと、木の枝にぶつかったり、「飲食店があるか聞いてきます」と走り出すも、「何を聞くんでしたっけ?」と戻ってきたりと、スタートから天然と称される平野ワールドをさく裂させた。

旅は、一軒目の飲食店が1時間半歩いても見つからないなど過酷なものに。さらにその後も、サイコロを振った浅野が地名に“谷”“峠”と続いて飲食店がなさそうなエリアの目を出してしまい、実際に建物すら見えない場所でサンドウィッチマンの2人が思わず愚痴ってしまい、浅野が恐縮する場面も。

それでも、平野の天然ぶりに和みつつ、無事にゴール。ゴール地ではサンドウィッチマンと温泉に入った平野の肉体美も披露された。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事で読む