1. トップ
  2. グルメ
  3. 朝食はパン派のあなたに!パンと相性の良い素敵なプレートをご紹介♪

朝食はパン派のあなたに!パンと相性の良い素敵なプレートをご紹介♪

  • 2019.3.20
  • 43295 views

朝食はパン派のあなた。パンをのせるプレートにもこだわりを持っていますか?

お気に入りのプレートに美味しいパンをのせて食べれたら、毎朝幸せな気分でスタートできそうですよね。

食パンやクロワッサンなど、見ていてお腹が空いてきそうなパンたちと共に、おすすめのプレートをご紹介します。

プレート選びが楽しくなる実例をご紹介!

マスタードイエローのプレートに、こんがり焼けたパンの耳が映えてとても美味しそうです。

たらこの上にのせられたバターが、とてもシンプルで美味しそうですね。

Rorstrand(ローストランド)ブランドであるMON AMIE(モナミ)のプレート、バターの染みた厚切りトーストが食欲をそそります。

おそろいのカップで飲むこだわりの紅茶や、ビタミンの採れるフルーツもあって素敵な朝食ですね。

もくもくと丸みのある、art of black(アートオブブラック)のクラウド型のマルチプレートが可愛らしい印象ですね。

そこにのせられた手作りのワッフルはほんのり甘く、味も見た目もお子さんに大好評だそうですよ。

こちらの可愛らしいわんこトーストは、ビニール袋に食パンを入れて、耳になる部分を輪ゴムで縛ってから焼くそうです。

100円ショップのセリアの白黒ボーダープレートにのせて、お子さんも喜ぶ朝食のできあがり♪

いろいろな具材をのせて楽しめるオープンサンドが2種類と、スープにフルーツ、色とりどりの朝食は木製プレートとの相性抜群です。

ワンプレートは運ぶのも片付けるのも手間がかからないので、忙しい朝にはもってこいですね。

DESIGN LETTERS(デザインレターズ)のメラミンプレートに、たっぷりのアボカドがのったサラダトースト。

モノトーンのカトラリーたちが、アボカドのグリーンをきれいに見せてくれていて相性ばっちりですね。

ittala(イッタラ)ブランド、Teema(ティーマ)のきれいなブルーのプレートが輝く食卓。

りんごとはちみつ、ナッツにクリームチーズがのった贅沢なトーストを味わう朝は幸せですね。

手作りの食パンをメロンパン風にアレンジしたトーストと、スープにサラダ、フルーツが添えられて、バランスの良い羨ましい朝食ですね。

ギンガムチェックのランチョンマットに木製のプレートがよく合っていて、全体のカラーコーディネートが素敵です。

marimekko(マリメッコ)ブランド、Siirtolapuutarha(シイルトラプータルハ)のプレートに合わせられた、モノトーンカラーの朝食セッティングが素敵です。

ボリュームのあるサラダとしらすトーストも、ぺろっと完食しちゃいそうですね。

イイホシユミコさんの白いプレートに、いちごとあんこがコラボしたトーストがのっています。

Creer(クレエ)のケーキクーラーを使えば、パンとプレートの接着面が蒸れる感じを防げるので、最後までカリカリの食感を楽しめるのでおすすめですよ。

こちらも同じくイイホシユミコさんの作品。

白いプレートに、手作りのプレッツェルやサラダがとても映えますね。

使いやすい白いプレートは一枚持っていると重宝します♪

ヨーロッパのアンティークの器をイメージされたオートミール八角長洋鉢は、洋食にぴったり!

チョコとクルミのベーグルとサラダが居心地良さそうにフィットしていて、とっても美味しそうですね。

お花型のバナナやフルーツがたっぷりのフレンチトーストがのった、ARABIA(アラビア)ブランド、Black Paratiisi(ブラックパラティッシ)のプレートです。

クチポールのカトラリーやKINTO(キントー)のティーポットなど、上品な食卓コーディネートが素敵ですね。

rutawa.rawajifuさんのオーバル皿(ストライプ)は、温もりを感じさせてくれる味のある作品です。

目玉焼きトーストに野菜のグリルとシチュー、朝から心もお腹も満たされる食事に幸せを感じそうですね♪

こちらも同じく、rutawa.rawajifuさんの作品。

丸いプレートに丸いパンケーキがのせてあると、見ているだけで癒されますね。

上から流れ落ちたバターやケーキシロップを、大きな器で受け止めてくれる寛容さを感じます。

シンプルなざるにのせられたコッぺパンと野菜のフォッカチオ、ナチュラルにパンの旨味を味わうことができそう。

余計なことを考えずに、一日が始まる大切さを感じながらの朝食を頂きたいですね。

ふるいともかずさんの作品、天然木のさざ波プレートでの朝食は、丁寧さが溢れる生活が垣間見えるようです。

トーストされた食パンはもちろん、目玉焼きやウインナーも居心地の良さに喜んでいるように見えますね。

大阪にある「パンと暮らしのcoccoya」のパンである、さつま芋子とぴーなっつんが嬉しそうに、イトウサトミさんのオーバルプレートに並んでいます。

イトウサトミさんはぴーなっつんをモチーフにした豆皿も作成されており、双方の魅力で癒される方が多くいらっしゃるようですよ。

クロワッサンが引き立つ、吉田健宗さんの作品であるリム角皿は、額縁のような立体感と美しさがあります。

電子レンジや食洗機にも対応しているので、贅沢な日常使いにぴったりでおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

プレート一枚で印象が変わり、パンそれぞれが輝いて芸術作品を見ているようでしたね。

明日からの器選びがますます楽しくなりそう!是非参考にしてみてください。

元記事で読む