1. トップ
  2. レシピ
  3. キャベツの4倍美肌効果!?  今が旬の“芽キャベツ”がおいしいだけじゃないその理由とは!?

キャベツの4倍美肌効果!?  今が旬の“芽キャベツ”がおいしいだけじゃないその理由とは!?

  • 2015.3.16
  • 1395 views

こんにちは、そろそろおだんごが恋しい、渡辺早織(@w_saori)です。

突然ですがみなさん、好きな野菜は何ですか?

私は小さい頃から野菜が好きだったので、なすとかピーマンとか……。挙げだしたらきりがないのですが、最近その好きな野菜の中に突如としてあらわれ、いとも簡単にランクインしてしまったのが

“芽キャベツ”なのです。

まずはビジュアルですね、あれでいろいろ得してる感じがします。キャベツにスモールライトを当ててそのまま小さくしたようななんとも愛らしい見た目で、ぎゅぎゅっとおいしさがつまっているような気がします。

そしてキャベツの甘みはしっかり残しつつ、さらに歯ごたえを感じるあの独特の食感にもうやみつきなんです。どんな料理にしても合うというのがまたにくい。

彗星の如くあらわれたその芽キャベツ。

ではどんな栄養があるの!? ということで調べてみました。

そうすると、神は芽キャベツに二物? 三物……? いや、何物与えるんだ! と思わず震え声になってしまうほど高い栄養素が確認できました。しかも女性にはうれしいものばかり。

そんな芽キャベツについて今日は心を込めてラブレターを書いていきたいと思います。

芽キャベツの麗しき栄養素とは!

個人的にはここ数年ですごくブレイクしたという印象がある芽キャベツなのですが、実は18世紀末頃にキャベツを品種改良して開発されたものなのだそう。

そもそも芽キャベツっていつから出てきたの?

野菜としては浅い歴史ですが、自分の体感よりは意外にも昔からあるんだなぁと思いました。

作られた場所はベルギーのブリュッセルだとか。生まれた場所もおしゃれ。

その後ヨーロッパの食卓で愛され、満を持して日本でもブレイクしているというわけです。だからか確かにオリーブオイルなどが合うイメージがあるのはそういう歴史的背景があるからなのかもしれませんね。

そしてその芽キャベツはなんと今が旬。

ではどんな栄養素があるのでしょうか?


ビタミンCがキャベツの4倍!!芽キャベツの栄養素で一番注目したいのは、なんといってもビタミンC。

その含有量は実にキャベツの4倍ほど含まれており、1日に5、6個食べれば1日分のビタミンC量をまかなえてしまえるのだそう。とっても優秀です。

小さいし何よりおいしいから5、6.個なんてはっきり言って余裕です。むしろもっと食べたい。

ビタミンCといえば女性にうれしい効果が「美肌効果」ですよね。おいしいものを食べて美肌になれるなら喜んでやりたいものです。

また、それ以外に期待できる効果として「がん予防」があげられています。これによりアメリカなど世界各国でも人気急上昇なのだとか。


ビタミンB群芽キャベツはビタミンB1も豊富に含まれています。

ビタミンB1は体内で糖質・脂質・たんぱく質などを分解してエネルギーに変える効果があるため、夏バテ防止や疲労回復に効果的。

芽キャベツの麗しき栄養素とは!

芽キャベツはなんといってもその食感ごと味わうことでおいしさを引き出しますから、そのまま炒めて食べるのがおすすめ。

シンプルにオリーブオイルをいれたフライパンに芽キャベツをいれて、塩胡椒するだけでも旨みは十分楽しめます。

あと一品足りないなんていう時にも、芽キャベツだけ買ってささっと作れてしまうのもありがたいのです。

そのほかにはオリーブオイルににんにく+アンチョビをいれてソテーしたり、パスタの具材としてもどんなソースにも邪魔をせず合うでしょう。

またビタミンCは水に溶けてしまう性質なので、スープやシチュー、アクアパッツァなどにいれるときはしっかり汁ごと食べるのがいいでしょう。

食べておいしく綺麗に、を実現できる芽キャベツ。自分のレシピのレパートリーに多く仲間入りさせたいですね。