1. トップ
  2. ファッション
  3. 映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク

映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク

  • 2019.3.15
  • 2002 views

映画『チャイルド・プレイ』恐怖の“殺人人形”チャッキー再び、IT/イットの製作陣がリメイク

映画『チャイルド・プレイ』が、2019年7月19日(金)に公開される。

undefined
www.fashion-press.net

数々のトラウマを生んだ“殺人人形”を『IT』の製作陣がリメイク

青いオーバーオールにカラフルなボーダーTシャツ姿の人形“チャッキー”で知られるホラー映画『チャイルド・プレイ』が、ストーリーを新たにスクリーンにカムバック。ホラー映画史上No.1のヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサーコンビであるセス・グラハム-スミスとデヴィッド・カッツェン・バーグが製作を務める。

1988年にアメリカで初公開された『チャイルド・プレイ』は、劇場公開さなかったものも含めて全7シリーズが製作されているホラー映画。ブードゥー教の秘術によって、子供向けのバディ人形に自分の魂を移した殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)が、生身の体を手に入れるために人々を襲っていくという物語で、数多くの人々の心にトラウマを作り出した。

超ハイスペックなAI人形“チャッキー”として登場!

今回スクリーンにカムバックする最新作は、引越し先で友達のいない少年アンディが、母親から誕生日に、”バディ人形” をプレゼントされるところから幕を開ける。最先端テクノロジー会社・カスラン社により生み出されたこの人形は、スマ ートフォンアプリと連携して操作可能な超高性能AI人形。アンディはその人形に“チャッキー”と名付けて一緒に暮らし始めるのだが、彼のまわりで次第に異変が起きるようになっていった…。

キャスト

今回のリメイク版で、21世紀の最新技術が詰まったバディ人形を手に入れる少年アンディ役を演じるのは、『アナベル 死霊館の人形』、『ライト/オフ』などのホラー映画に次々出演し脚光を浴びている新鋭、ガブリエル・ベイトマン。

また、少年アンディの母親役には人気TVドラマシリーズ「レギオン」で知られる女優オーブリー・プラザ、監督にはポラロイドカメラをテーマにしたホラー『Polaroid』(原題)でホラー界隈から大きな注目を集めたラース・クレヴバーグが抜擢された。

チャッキーの声役に、『スター・ウォーズ』のマーク・ハミル

また新時代のバディ人形“チャッキー”の声を務めるのは、映画『スター・ウォーズ』シリーズでお馴染みの名優 マーク・ハミル。アニメ版「バットマン」シリーズのジョーカー役も務めた彼が、一体どのように恐怖の人形に命を吹き込むのか?期待が高まる。

作品情報

映画『チャイルド・プレイ』
日本公開日:2019年7月19日(金)
監督:ラース・クレヴバーグ
製作:セス・グラハム-スミス、デヴィット・カッツェンバーグ(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』)
脚本:タイラー・バートン・スミス
出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー
全米公開:6月21日(金)
原題:CHILD’SPLAY

■ムビチケ情報
販売時期:6月下旬
価格:1,400円(税込)
特典:『チャイルド・プレイ』×キューピー人形のキャラクターストラップ付
※特典は数量限定。なくなり次第「ムビチケカードのみ」の販売。
※発売日はムビチケサイト及び公式 HP にて告知。

オリジナルサイトで読む