ふたりの関係がこじれそうなとき、決めておきたい話し合いの“ルール”4つ

せっかくカップルなのに関係がこじれそうになったりするとき、まずは彼と話し合ってみようと思うものです。とはいえ何も考えないで話し合ってみても、お互い相手の言っていることがよく理解できなかったりしてかえって逆効果。そうならないための”ルール”を知っておきましょう!

決めておきたい話し合いのルール

ルール1: 相手から指摘を受けたとき、自己弁護にはしらない

せっかくふたりのために、と話し合おうとしても相手のちょっとしたコメントや一言に過剰反応したり、自分が悪く言われていると思って「それは違うでしょ」なんて相手の意見を全否定してしまうようでは、何もいい結果は生まれません。
相手から辛口のコメントを受けた場合は、自分の感情はいったんおいておいて「私はこう思われているんだわ」と、素直に受け止めましょう。自己弁護に走るとかえって話はこじれるばかりです。

ルール2: 話しておこうと決めたことにフォーカスし、話を脱線させない

話し合う前にあらかじめ今ふたりに何がとって問題で、それをどう変えてゆきたいのか、といったことをよく考える時間をお互い持っておきましょう。
そうした考えのなかで、相手と話し合いたいこと、自分が伝えたいことなどがはっきりしてきます。そして実際の話し合いでは、「これだけは話しておきたい」ということにフォーカスし、話を脱線させないようにします。文句の言い合いや過去の蒸し返しなどは“話し合い”になりません!

ルール3: 感情をコントロールし、とくに怒りをあらわにしないようにする

カップル同士のケンカがこじれがちなのは、恋人という親密な間柄ゆえについ感情がむき出しになってしまい、冷静でいられなくなってしまうから。
仕事関係の人や友だちだったらもう少し大人の対応ができるかもしれませんが、恋人となると「どうして分かってくれないの」という苛立ちが強くなり、怒りを抑えるのが難しくなります。怒っている状態では冷静な話し合いなんてとても出来ません。よく気をつけて!

ルール4: これからのふたりのために“やるべきこと”、“やめるべきこと”をはっきりさせる

ダラダラ話し合いをしていても、結局現状が何も変わらなかったら意味がありません。話がひと段落したら、「これからもっといい関係になるためにやるべきこと」そして「お互いが心地よく一緒にいられるためにやめるべきこと」をはっきりさせましょう。
その後きちんと実践できていたら、進歩としてお互いに認め合いましょう。それはふたりの関係が確実にいい方向へ進んでいる何よりの証なのですから!

まとめ

カップルとはいえ、何もかもうまく意思疎通できるわけないですよね。お互いの違いがあるからこそ話し合いは不可欠です。そしてその話し合いをうまくすすめるためのコツが分かっていたら、ふたりの関係をキープするうえでとても役立つと思いませんか。以上の4つはそのためにぜひ知っておきたいルールなのです。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。