1. トップ
  2. 恋愛
  3. 初デートで恋が終わる!残念女子の致命的な失敗5選

初デートで恋が終わる!残念女子の致命的な失敗5選

  • 2019.3.13
  • 29337 views

せっかく気になる男子と初デートまでいったのに、二度と彼からのお誘いが来ない……。

そんな残念な女子は、初デートで致命的な「失敗」をしているのかも。

今回は、男性目線で「これはNG!」と思う、残念女子が陥りがちな初デートでの失敗をお伝えします。

あなたもこんな失敗、経験ありませんか?

初デートでの失敗

失敗1:当日15分以上遅刻

初デートで遅刻、致命的なことになるケースが多いです。

男子もせっかくの計画がだいなしになってストレスを抱えるでしょう。「寝坊」「急用」などいろいろな理由を伝えたとしても、ネガティブな印象を与えてしまうことは間違いありません。

遅れる可能性がある場合は、開始を遅らせてもらうか、そもそもデートを別日にずらすかなど、女子側からしっかりと連絡を取っておくようにしましょう。

それもデートの当日ではなく、数日前までに伝えておくのがベストです。

モテない女子が陥りがちな最悪のケースは、デート当日、待ち合わせ時間ギリギリになって「ごめんなさい!あと15分で着きます〜」という連絡が届くことです。

恋は終わったと考えましょう。良くでキープ女子止まりです。

失敗2:迷って会えない

こちらもよくある残念なケースです。待ち合わせ場所をふわっとしか決めておらず、また、女子側でもちゃんと改札口など調べておらず、当日せっかく時間通りに来たのに、結局会えたのは15分後……。

これでは遅刻とほとんど変わりません。お互いに会えないというストレスを抱えてしまうので、もっと印象が悪くなってしまうことも。

初デートの場合は特に、あらかじめ何番出口や目印、見えるもの、服装など、情報を発信して万が一に備えておきましょう。

失敗3:どちらが払うか不明確

初デートのお会計は、全額か多めかは別にして、多くの場合は男子が支払ってくれるでしょう。

一方で、そういった決まり事はありませんので、「奢ってくれるかと思っていた」という女子側の思い込みが強いと、ワリカンだった場合にイラッとしてしまい、つい態度に出てしまったりします。

男子は意外と相手のことを観察していますので、そんな態度の変化にすぐに気が付き、次回からのお会計に悩むようになります。

初デートでは、お会計で男子を悩ませないように、デート前に決めておくとスムーズです。聞けない場合も、ワリカンを想定しておきましょう。

失敗4:寒くてデートに集中できない

四季に関係なく、ちょっと露出を多めにして男子の気を惹こうと考えたけど、実際寒くてデートに集中できず、テンションも下がり気味だった……。

なんてことも、よくある失敗例の1つ。

レストランは景色の良い高層階の窓側などはひんやりしていることも多いですし、夏は冷房もガンガン効いています。

冬は室内と外の気温差が激しいです。ブランケットを借りれるお店もありますが、ほとんどのケースでは期待できません。

初デートで失敗したくない場合は、寒さ対策はしっかりと女子側でしていくようにしましょう。

失敗5:お酒で失敗

残念女子

初デートがとても楽しくて、バーなどまで付いていき、お酒を飲み過ぎて失敗してしまうというのもよくあるケース。

酔って気持ち悪くなってずっとトイレにこもっていた、酔ってハイテンションになってため口などぶっきらぼうな口調で話しをしてしまった、酔った勢いでキスなどしてしまった……などなど。

初デートでお酒に飲まれてしまうと、だらしないと引かれて次に誘われないか、もしくは、性的な関係が目当てで怒涛の誘いがくるかどちらかですいずれにせよ恋愛という意味では道が閉ざされることになってしまいますよ。

初デート対策はしっかりと!

今回お伝えした失敗ケースと似たことをやってしまっていたかも……そう感じてしまった方は、ぜひ今回のヒントを参考に、今後はしっかり初デート対策をしていくようにしていきましょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む