1. トップ
  2. レシピ
  3. 【レシピ】お祝いごとにも使える! 菜の花と使った“時短”のちらし寿司とホットサラダ

【レシピ】お祝いごとにも使える! 菜の花と使った“時短”のちらし寿司とホットサラダ

  • 2019.3.13
  • 789 views

何かと、集まる機会が増えそうな3月。そこで今回は、旬の菜の花を使った春のおもてなしにピッタリのメニューを紹介します。

春のおもてなしにピッタリのレシピ

【MENU】

・菜の花のちらし寿司

・あさりと菜の花のホットサラダ

春の訪れを知らせてくれる菜の花は、ベータカロテンやカリウム、ビタミンB群などが豊富。そんな菜の花と、こちらも旬のタイを使って“おめでたい”ちらし寿司を作ります。副菜には、残った菜の花とアサリを使ったホットサラダを。フライパン一つだけで、簡単に作れるのも魅力です。

--------------

菜の花のちらし寿司

10分(ごはんを炊く時間は含まず)

undefined
出典:シティリビングWeb


酢の代わりにさっぱりとした柑橘合わせ汁を使用

お酢の代わりに使うのが、レモンやユズなどの果汁に砂糖、塩を加えて作るさっぱりとした柑橘合わせ汁。シラスを加えることで、よりうま味がアップします。

【材料(2人分)】

・菜の花1/2束

・卵1個

・好みの刺し身(今回はタイ)適量

・シラス大さじ2

・米1合

・柑橘合わせ汁

レモンやユズなどの汁大さじ2

砂糖大さじ1

塩小さじ1/2

・白ゴマ(炒ったもの)大さじ2

・塩適量

【作り方】

1.ごはんを硬めに炊き、柑橘合わせ汁と白ゴマを熱いうちに加えて混ぜる

2.菜の花は軽くゆで、食べやすい大きさに切る

3.溶いた卵に塩をいれてフライパンに流し、箸を使って混ぜながら炒り卵を作る

4.器に①と好みの刺し身、②、③を盛って、塩を振りかけて好みで、レモンやユズの汁(分量外)をプラスする

【ポイント】

ちょっぴり手間暇のかかる錦糸卵ではなく、炒り卵をつかうことでかなりの時短に。

--------------

あさりと菜の花のホットサラダ

10分

undefined
出典:シティリビングWeb


不足しがちな栄養素をサラダで

まだ少し寒さの残る季節に作りたい、“ほっこり”する温サラダ。鉄分などが豊富なアサリを使うことで、女性に不足しがちな栄養素も無理なくとることができます。

【材料(2人分)】

・アサリ150g

・菜の花1/4株

・カブ1/2個

・プチトマト4個

・オリーブオイル大さじ1/2

・鷹の爪1本

・白ワイン大さじ3

・黒コショウ少々

・ニンニク1カケ

・塩・コショウ適量

【作り方】

1.アサリは海水程度(約3%)の水につけ、砂出しをしてからよく洗う

2.菜の花は小房に分ける。カブは葉の根元をつけたまま皮をむき、くし型に切る。ニンニクはみじん切りにする

3.フライパンに種を取った鷹の爪とニンニク、オリーブオイルを入れて熱し、②を加えて炒める

4.③に①を加えて全体に炒めたら、白ワインを加えてフタをして加熱する

5.アサリの殻が開いたら、プチトマトを加えさっと炒め、塩・コショウで味を整える

【ポイント】

アサリは、砂抜きされているものを使えばさらに簡単。フライパン一つだけで、本格的なメニューが完成します。

-----------------

教えてくれたのは…
undefined
出典:シティリビングWeb
野口知恵さん

野菜ソムリエ上級プロ・管理栄養士

全国各地での講演、レシピ開発、商品開発、料理指導など幅広い活動を通じて、野菜の栄養とおいしさを伝えています。

http://ameblo.jp/chienowa831/

元記事で読む