1. トップ
  2. サッカーU-18東南アジア選抜のユニホームを増田セバスチャンがデザイン

サッカーU-18東南アジア選抜のユニホームを増田セバスチャンがデザイン

  • 2019.3.13
  • 274 views

日本サッカー協会は12日、国際交流基金アジアセンターと共催するU-18東南アジア選抜チーム対U-18東北選抜チームの国際親善試合「ジャパファンカップ(JapaFunCup)」の記者会見を行った。開催日は6月22日で、東北復興支援の一環として、東日本大震災以降閉鎖され、4月から全面再開する福島県の日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンター、Jヴィレッジで試合を行う。

日本サッカー協会は、2014年に国際交流基金アジアセンターとJリーグと三者協定を締結。東南アジア諸国におけるサッカー発展のために160人以上の日本人指導者を派遣するなど、交流事業を行ってきた。そして今年、5年に及ぶ活動総括の1つとして日本と東南アジア諸国の若手選手の育成を目的に「ジャパファンカップ」の開催を決めた。

田嶋幸三・日本サッカー協会会長は開催の理由について、「アジアでライバルが増えることが、日本サッカー界に大きな刺激となると考え、指導者の派遣をはじめ、現在も10カ国に14名の指導者を派遣している。同大会を開催することで、多様な価値観やバックグランドを持つ若い選手が交流し、発見や相互成長が促されることを期待している」と説明。続けて「日本サッカー20年の歴史は、Jヴィレッジ抜きには考えられない。Jヴィレッジを“日本サッカーの聖地”としてよみがえらせたい」とJヴィレッジへの熱い思いを語った。

U-18東南アジア選抜チームを率いるのは、ジュビロ磐田などで活躍し、現在はミャンマーのU-15代表監督を務める古賀琢磨。「選抜チームは11カ国から各国2人ずつ計22人を選出する。中には17歳ながらタイの強豪チームでプロ選手として活躍する選手もいる。将来、日本の強敵になるであろう東南アジア諸国の若手を前もって見ることができる貴重な場になるだろう」。

また、同チームのユニホームとロゴは、アートディレクターでデザイナーの増田セバスチャンがデザインした。「デザインするにあたって、タイに行きサッカーの熱狂ぶりを肌感じてきた。ユニホームは、アジアの海や日差しをイメージした青色と黄色をメインに、アジア的な文様からインスパイアされ、上下を合わせると魚が浮かび上がるデザインにしている。ゴールキーパーは、守護神的な強さを表現したくて、僕らしいかわいらしいデザインではなく、力強いイメージが持てるようなものに仕上げた」。

会見の最後には、テーマソング「I BELIEVE」を歌うボーカルグループLittle Glee Monsterも登場し、同曲を披露。古賀監督の娘でもあるメンバーのかれん(20)は、「私たちは選手の皆さんと同世代なので、歌を通じて精一杯応援できるように頑張ります」とあいさつした。

■JapaFunCup
日程:6月22日
時間:14:00キックオフ(予定)
会場:Jヴィレッジ スタジアム
住所:福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8

元記事で読む