1. トップ
  2. 芦田愛菜の両親役に稲垣吾郎&蒼井優が!『海獣の子供』追加キャスト陣とポスターが解禁

芦田愛菜の両親役に稲垣吾郎&蒼井優が!『海獣の子供』追加キャスト陣とポスターが解禁

  • 2019.3.13
  • 280 views
【写真を見る】芦田愛菜の両親役に稲垣吾郎&蒼井優が!『海獣の子供』から追加キャスト陣とポスターが解禁!
[c] 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

【写真を見る】芦田愛菜の両親役に稲垣吾郎&蒼井優が!『海獣の子供』から追加キャスト陣とポスターが解禁!

「リトル・フォレスト」など自然世界への畏敬を独自の表現で描き続ける漫画家・五十嵐大介の代表作を『鉄コン筋クリート』(06)などのSTUDIO4℃がアニメーション映画化した『海獣の子供』(6月7日公開)。主要キャストの声を芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流らが務める本作に、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子など豪華キャストの参加が発表され、あわせてポスタービジュアルも解禁された。

本作は、居場所をなくしてしまった少女・琉花(芦田愛菜)が、海の生物と交感する力を持った不思議な少年の海(石橋陽彩)と、双子の兄・空(窪塚愛流)と出会ったことをきっかけに冒険を繰り広げる物語。

稲垣は琉花の父親で水族館に勤務する安海正明役を、蒼井は娘とも夫とも関係がうまくいかない琉花の母親・加奈子役を務める。渡辺は琉花が所属するハンドボール部の先生を、富司は世界中を航海しながらジュゴンに育てられた兄弟を見守る不思議な人物デデを演じるなど、日本を代表する演技派たちが本作をより一層盛り上げる。

長編アニメーション映画への出演が『ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』(06)以来となる稲垣は、「大人が観ても考えさせられるような深遠さがあり、子どもが観たら理屈を超えたところで、感じるものがちゃんとある作品」と語り、原作漫画の大ファンだという蒼井も「想像をはるかに超えて凄いことになっていました。『鉄コン筋クリート』のシロという少年役から出発して、13年後の『海獣の子供』ではお母さん役。STUDIO4℃作品に戻って来られて素直に嬉しいです」とコメント。

あわせて解禁されたポスタービジュアルでは、「一番大切な約束は、言葉では交わさない」というキャッチコピーのもと、神秘的な大水槽の前で佇む琉花の前に、海から宇宙へと無限に広がる空間が、これから始まる生命の壮大な物語を予感させる。

日本アニメーション界にセンセーションを巻き起こしてきたSTUDIO4℃の最新作。豪華キャスト陣はどのような命を吹き込むのか、期待して待ちたい!

稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、富司純子ら豪華キャスト陣が勢揃い!
[c] 2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

<キャストコメント>

●稲垣吾郎 (安海正明役)

「この映画は、誰にとってもわかりやすい、単純明快なエンターテインメント作品というわけではありません。大人が観ても考えさせられるような深遠さがあり、子どもが観たら理屈を超えたところで、感じるものがちゃんとある作品になっています。僕も幼少の頃に観て“僕にはまだまだ分からない部分があるな”と思った映画でも、いまだに、ひとつのシーンやキャラクターの声が鮮明に脳裏に残っている作品があったりします。この映画も、いまの子どもたちにとってそういう作品の一つになってくれたらいいなと思っています」

●蒼井優(安海加奈子役)

「とにかく画がきれいで、ページを開くだけで海の底に連れて行ってくれる原作が大好きでした。ずっと前からこの世界をスクリーンで観たい!と本当に思っていたので、今回お話をいただいたときには、絶対やりたい!と即答させて頂きました。『鉄コン筋クリート』のシロという少年役から出発して、13年後の『海獣の子供』ではお母さん役。STUDIO4℃作品に戻って来られて素直に嬉しいです。収録に当たり本編映像を少し観たのですが、原作を読んでいた時に自分の頭の中で思っていた以上の“色”に溢れていて、想像をはるかに超えて凄いことになっていました。生きていることにもう一度ワクワク出来る作品なので、たくさんの人に観ていただきたいです」

●渡辺徹(先生役)

「とてもきれいな絵とともに、命のことを深く感じることができる大人版のおとぎ話のような作品だと思いました。中学二年生の、ガラスのような繊細さと人間としての不安定さを持ったヒロインに教師としてどう向き合うのか。優しく言い含めるのか、厳しく突き放すことで向き合う優しさが良いのか、子育ての永遠のテーマでもありますが、自分自身の経験も反映しながら役作りを考えました」

●富司純子(デデ役)

「『海獣の子供』のお話を頂いて映像を拝見しましたら、水族館や海の描写がとってもきれいで、水族館に一緒に遊びに行く孫にぜひ見てもらいたいと思い、お引き受けしました。『サマーウォーズ』以来の声のお仕事で、今回演じたデデは、世界中の海や神秘、生命、宇宙のすべての命が生まれる秘密みたいなものを追及していく強い信念を持った女性でとても魅力的でした。詩的で哲学的な台詞が多く、普通の話し言葉とは違っていたので緊張して挑みましたが、私の魂を声としてデデに注ぐことが出来たと思っています」(Movie Walker・文/編集部)

元記事で読む