1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 春の旬をとことん満喫したい、3月の花選び

春の旬をとことん満喫したい、3月の花選び

  • 2019.3.12
  • 505 views

だんだんと暖かくなるに連れて、パステルカラーを進んで楽しみたくなる3月。

花も様々な色彩で溢れて、選ぶのがますます楽しい季節です。

そこで今回は、「春といえばこれ!」という王道ながらも、ちょっぴり大人な色合いの花を選んでみました。

(左から)
・ミモザ
3月8日に「ミモザの日」を迎えた、春先の王道の花。
花言葉は「友情」や「秘密の恋」。
卒業シーズンの贈り物にもぴったりです。

・スイートピー
ピンクや白の印象が強い花ですが、今回はサブメインとしてパステルグリーンをチョイス。
「門出」という花言葉の通り、3月の贈り物におすすめです。

・チューリップ
年始めから楽しめる花ですが、3月が最も旬。
単色だけでなく、色合いの混ざったものや模様まで楽しめるんです。

・ラナンキュラス
「とても魅力的」という花言葉を持つ、見ているだけできゅんとくる春の球根花。
様々な色合いを楽しめます。

・リューココリーネ
アレンジを華やかに引き立ててくれる、可憐なユリ科の花。
淡いパーブルカラーのバリエーションが多く、チョコレートのような甘い香りを楽しめます。

・サクラソウ
これから5月にかけて旬を迎える花。
青春を思い出させてくれるような「少年時代の希望」「初恋」という、なんとも甘酸っぱい花言葉を持っています。

花が長持ちする冬を越え、こまめなお手入れが必要な季節に入りました。

定期的に水替えや水切りを行いつつ、ある程度生花で楽しんだ後は、ドライフラワーとして飾るのもおすすめ。

直射日光の当たらない風通しの良い場所で、逆さに吊るして並べるだけで、おうちで長く春を楽しむことができますよ。

今月も、季節の花を楽しんでくださいね♩

元記事で読む