1. トップ
  2. ファッション
  3. 軽快なステップを奏でる《レペット》のバレリーナシューズ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】

軽快なステップを奏でる《レペット》のバレリーナシューズ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】

  • 2019.3.11
  • 551 views
軽快なステップを奏でる《レペット》のバレリーナシューズ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
出典 FUDGE.jp
軽快なステップを奏でる《レペット》のバレリーナシューズ【FUDGE GIRLのためのアクセサリークリップス】
出典 FUDGE.jp

 

憧れのバレリーナシューズの代名詞《Repetto(レペット)》は、比類のない優美さと軽やかさを約束するブランド。1947年、振付師であった息子ローラン・プティの助言により、デザイナーの「ローズ・レペット」がパリ国立オペラ座に程近い小さなアトリエで、初めてダンスシューズをデザインしたことから始まります。

 

1956年には、女優「ブリジット・バルドー」のリクエストにより、フラットなバレリーナシューズ「サンドリオン」をデザイン。この靴をロジェ・ヴァディム監督の映画「素直な悪女」で着用し、《レペット》の名が広く知れ渡りました。パリのブティックは、世界中の一流ダンサーが買いに訪れる人気の場所に。

 

写真は、ミドルヒールが特徴の「カミーユ」。柔らかな牛革を使用し、ブランド独自の「スティッチ&リターン製法」で作られているため、快適な履き心地を叶えてくれます。フラットなバレリーナシューズに少しのヒールがついたことで、可憐さは残しつつ上品な女らしさも両立!ふんわりスカートのフレンチスタイルと好相性ですんなり馴染んでくれます。また、デニムなどのボーイッシュなスタイルに、フェミニンさをひとさじ加えたいときにも活躍します。

 

日本の銀座店には、パリのオペラ座本店と同様「アトリエ・レペット」が常設しています。これは「セミオーダーシステム」で、250色のラムレザーから好きな色を選び、“オリジナル”のシューズ作りを体験できる特別なサービスです。ほかにも、グログランテープやシューレース、ヒールの色もセレクトが可能。銀座へお立ち寄りの際は、是非チェックしてみて!

 

 

シューズ[ヒールの高さ:3cm]¥37000/Repetto(ルック ブティック事業部)、スカート¥18000/LE GLAZIK(ビショップ)、ソックス/スタイリスト私物

 

【お問い合わせ先】

ルック ブティック事業部 03-3794-9139

ビショップ 03-5775-3266

 

 

自由におしゃれを楽しむフレンチスタイルは、私たちの永遠の憧れ。どこか甘くて、それでいてシック、細部に漂う伝統的な香りづけも巧みです。そこで今月の【アクセサリークリップス】は“フレンチブランド”に注目!ブランドのアイコンからニューフェイスまで、魅力溢れるアイテムを集めました。どうぞお楽しみください。

 

 

photograph_Shimizu Kengo

styling_Sawada Miyuki

model_ Laura(donna)

text_Shimaoka Minako

 

 

元記事を読む