1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『PAPIER LABO.(パピエラボ)』のグッズがもたらしてくれる、ユーモラスな心地よさ。

『PAPIER LABO.(パピエラボ)』のグッズがもたらしてくれる、ユーモラスな心地よさ。

  • 2019.3.11
  • 600 views
ウォールカレンダー¥1,404/PAPIER LABO.

 

紙と紙にまつわる名品が集まる、街の小さな雑貨店。

 

『PAPIER LABO.(パピエラボ)』は、千駄ヶ谷にショップを構える雑貨店。「紙と紙にまつわるプロダクト」をコンセプトに、世界中から独自の視点で選んだグッズを取り扱っています。活版印刷をはじめとした印刷物や、デザインのオーダーも受け付けており、「他では出合えないものが手に入る」「やさしい味わいの活版印刷で、自分だけの名刺が作れる」と、私のまわりでも大人気。2007年のオープン以来、着々とファンを増やし続けています。

 

オリジナルのポスタータイプのカレンダーは、活版印刷だからこそ出せる味わい深い佇まい。紙とインクの相性をとことん考え、何度も検証を重ねたうえで選びぬかれた発色の良い紙に印刷されています。しっとりとした質感と適度なハリのある風合いの紙を使っているので、自然な経年変化も楽しめる仕掛け。紙に入った折りスジがひと月ごとの境目を表す、遊び心あふれるデザイン。壁に貼って毎日眺めるものだからからこそ、細やかなディテールまでぬかりなく。視界に入るたびに気分が楽しくなるような、不思議な魅力に満ちています。

 

 

TATAMI NOTE 各¥972/PAPIER LABO.

 

TATAMI NOTEは、日本特有の畳の比率で作られているオリジナルノート。昔から馴染みの深い形のはずなのに、文房具となって目の前に現われたとたん、なんともいえない新鮮さを覚えるから不思議です。紙はそれぞれ違った風合いを持つ3種類。中の紙には、蛍光色の罫線がプリントされていて、開いても楽しいデザインに。縦長の形は、実はポケットにも忍ばせやすいサイズ感。実はざらっとした紙質なので、正直、書き心地がそんなに良くないというのもご愛嬌。海外のドラッグストアで売っているメモのような少し懐かしい質感を、おおらかな気持ちで楽しんでみてください。

 

紙好きの心をときめかせてくれる、独自のセレクトに夢中。

 

クラップ ユア ハンズ¥864/ Noritake

 

パピエラボではオリジナルグッズのほかに、さまざまな作り手の商品もセレクトしています。シンプルながらも独特のユーモアと温かな空気感が人気のNoritakeさんのアイテムもそのひとつ。「クラップ ユア ハンズ」と名付けられたノートは、パラパラとフリップブックのようにめくると、両面に印刷された手の平のイラストがパチパチと拍手するユーモラスな趣向。そのままノートとして使ったり、一枚ずつはがして友人へのメッセージカードにしたり、家族への置き手紙にしたりと、いろんな使い方が楽しめます。

 

 

クラップ ユア ハンズ¥984、THIS IS A PEN¥324/ともにNoritake

 

「クラップ ユア ハンズ」とあわせて使ってほしいのが、こちらもNoritakeさんが手がける「THIS IS A PEN」という名前のペン。誰もが英語の授業で聞いたことのある言い回しながら、実は海外で使う機会がない!と言われているこの文言。しかし、こんな風に強く無意味にわたしたちが共有できるワードは、なかなか他にありません。そんな思いを形にしてしまったという、アーティステックな遊び心を感じる一本。温かみのあるフォントもかわいらしく、自分で使うのはもちろん、海外の友人にプレゼントしたら、くすりと笑ってもらえるかも。ボディはぺんてる製のサインペンなので、書き心地も抜群です。

 

「紙」というものへの強いこだわりと深い愛、大人の遊び心やメッセージ性、そして紙の魅力を最大限に生かすように考えられた用途やデザイン。パピエラボの商品は、決して生活の必需品ではないけれど、身のまわりに置くことで、毎日を楽しく豊かにしてくれるものばかり。一度使えば愛着がどこまでもわいてきそうな、魅力いっぱいのラインナップ。普段使いはもちろん、大切な人へのプレゼントにも。心からおすすめの名品揃いです。

 

 

パピエラボ

http://papierlabo.com/

 

photograh:Kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Sakura Komiyama

元記事を読む