ちょいアレンジ! 毎日飲みたい簡単「なめこ」のみそ汁5選

「温泉卵となめこのみそ汁」
料理:栁川かおり 撮影:千葉充

みずみずしいにらが食欲をそそる!「なめことにらのみそ汁」

白いご飯のベストパートナーといえば「みそ汁」。今回は、毎日飲みたい“なめこ”のみそ汁5選を紹介します。

泉卵となめこのみそ汁

【材料・2人分】

温泉卵 2個、なめこ 1/2袋(約50g)、だし汁 1と1/2カップ、みそ

【作り方】

1. 鍋にだし汁、なめこを入れて中火にかけ、煮立ってから1~2分煮る。いったん火を止め、みそ大さじ1弱を溶き入れる。

2. 温泉卵を加えて、温まるまで火を通す。

(1人分102Kcal、塩分1.4g、調理時間5分)

とろみのあるなめこのみそ汁に、ぷるるん食感の温泉卵をプラス。市販品を使ってもよいですが、電子レンジで作れる自家製温泉卵を準備するのもおすすめです。パワーをつけたい日の朝ごはんとしてぜひ活用してみては?

なめことにらのみそ汁

独特な香りを楽しめる「にら」は、3月から6月に旬を迎えます。やわらかでおいしい時期なので、素材の味が際立つみそ汁の実にもうってつけ。長い時間煮込むと歯ざわりが悪くなるため、だし汁が煮立ってから加えるようにしましょう。

みずみずしいにらが食欲をそそる!「なめことにらのみそ汁」
料理:牧野直子 撮影:野口健志

しょうがとなめこのみそ汁

肌寒さを感じる花冷えの日に用意したい温活みそ汁。しょうがの薄切りはみそを溶き入れる前にだし汁で3~4分煮て、風味をしっかり引き出します。2人分で約100gのなめこを使うため、食べごたえも抜群ですよ。

「しょうがとなめこのみそ汁
料理:藤井恵 撮影:木村拓

なめことろろ汁

とろろを加熱すると、ふんわりとなめらかな口当たりに。事前に濃いめの酢水を手につけておくと、長いもをすりおろしている最中に手がかゆくなりません。器に盛りつけたら青のりをふりいれ、彩りにアクセントをつけると◎

「なめことろろ汁」
料理:市瀬悦子 撮影:澤木央子

豆腐となめこの赤だし

絶妙な渋みと塩けのある赤だしみそは、豆腐やなめこといった淡泊な味の食材と好相性。豆腐はスプーンですくい、大きめサイズに切り分けます。最後に長ねぎの小口切りを散らせば、旅館で食べる朝食風のみそ汁に。

「豆腐となめこの赤だし」
料理:井澤由美子 撮影:日置武晴

みそ汁は、使うみそやだしの種類によって味わいが変化します。あれこれ試して、好みの1杯を作ってくださいね。(レタスクラブニュース)

元記事を読む
提供元: レタスクラブニュースの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。