1. トップ
  2. 岡田結実、遠藤憲一&城田優とのクランクアップで号泣「皆さんに助けられ…毎日頑張りました!」

岡田結実、遠藤憲一&城田優とのクランクアップで号泣「皆さんに助けられ…毎日頑張りました!」

  • 2019.3.8
  • 356 views

3月8日(金)に最終回を迎えるドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)で主演を務める岡田結実と、共演する遠藤憲一、城田優がクランクアップ。岡田の号泣にキャスト、スタッフが大爆笑するという和やかなラスト現場となった。

【写真を見る】涙が止まらない岡田結実

クランクアップで笑顔を見せる遠藤憲一、岡田結実、城田優(写真左から)
(C)テレビ朝日

東京都内の編集スタジオにて迎えたクランクアップでは、城田、遠藤が最後のあいさつをしている時から目をウルウルさせていた岡田。

2人のあいさつが終わり、監督から花束を受け取る際にはあふれる涙をこらえ切れず大号泣! そんな純粋な岡田に、現場は笑いに包まれた。

「数カ月の間でしたけど、かけがえのない時間をありがとうございました」と締めくくった
(C)テレビ朝日

岡田は「最終回は泣くシーンがいっぱいあったから、涙も乾いてもう出ないと思っていたんですけど…(笑)」と泣き笑い。

クランクアップ当日のスケジュール表には「終わりがあるってすてきなことなんだ。だってまたどこかで出会えるんだから」という言葉が記されており、それを見た岡田は「このドラマがあったから皆さんに出会えて、別れがあるからまたどこかで出会える。そう思ったらうれしいんですけど、悲しくて…」と声を詰まらせ、感慨深け。

さらに、初めての連ドラ主演に重圧を感じていたようで「演技も未熟だし、皆さん面白いのに私だけ面白い演技できないし…。座長と言っていただいても、座長らしいことなんて一つもできませんでした」と漏らした岡田だったが、「ここにいるスタッフさん、遠藤さん、城田さん、そして共演者の皆さんに助けられ、『この作品は作っている人たちが本当に楽しんで作ったんだよ』と胸を張って言える作品にできるよう、毎日頑張りました!」と胸を張った。

妖精を演じた遠藤も「この役は自分が頑張ればできる、ということでもなく、スタッフの皆さんやひかり(岡田)、千葉ちゃん(城田)をはじめとした皆さんとの間合いや協力で成り立つ役だったので、すごく感謝しながら演じていました」と感謝し、「一生に一度できるかできないかの“妖精役”ができて幸せでした」と笑った。

そして城田は「これまでのドラマの中で一番かもしれないくらい毎日が楽しかった」と振り返り、「最終回に出てくる千葉のセリフにもあるように、私のおじさんはクランクアップを迎えますが、たとえ同じ現場じゃなくても、ここで出会った仲間が別の現場で楽しく、一生懸命仕事していることを想像しながら、私もこれから頑張ります。いつかまたこのメンバーで一緒にできたら最高に楽しいと思います」と再会を望んだ。

最終回あらすじ

週刊誌の事実無根のスクープなどにより、「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」は無念の打ち切りとなり、番組スタッフも別番組へと散り散りになっていってしまう。

しかし、ある日、会社を辞めたはずの泉(田辺誠一)が現れ、“ヤッテミー”を復活させ、最後のリベンジをすることに。

そしてついに、妖精おじさんの正体も明らかに!(ザテレビジョン)

元記事で読む