1. トップ
  2. 川島海荷&桜田通が語る、“新しい形”のドラマの楽しみ方

川島海荷&桜田通が語る、“新しい形”のドラマの楽しみ方

  • 2019.3.8
  • 260 views
3月8日(金)よりdTVで配信される新感覚ドラマ「FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~」で主演を務める川島海荷
(C)エイベックス通信放送

【写真を見る】桜田通は、川島海荷演じる凪子にずっと思いを寄せる役。役作りにもこだわりが!

2019年3月8日(金)から映像配信サービス「dTV」にて配信スタートする、倉木麻衣のデビュー20周年を記念した新感覚ドラマ「FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~」の予告編とメイキング映像が現在公開中。

ドラマパートの主人公・凪子を川島海荷、相手役・貴也を桜田通が演じる。ほか、フェアリーズ・井上理香子、兵頭功海、 First place・TAIHEIが出演。そこで、川島と桜田からドラマの見どころや魅力を聞いた。

演じた貴也は、桜田自身とは全く違う性格だという
(C)エイベックス通信放送

――お二人が役作りで気を付けた事をお聞かせください。

桜田:僕が演じた貴也は僕とは全く違う性格。だからこそ、話し方の温度感や態度など、「僕だったらこうしないだろうな」という方を敢えて意識して、見せるようにしていました。良い意味で、最後まで敢えて貴也を理解はしないようにもしていました。

川島:この作品は凪子の視点で物語が進んでいくので、ご覧になっている方は凪子として選択することになります。だから「葛藤」や「迷い」を意識して見せるようにしていました。ドラマではさまざまな分岐点が出てきますが、その分岐を選ぶ葛藤の先には、幾つかの選択肢があって、どちらも選ばれる可能性もあります。通常のドラマでは展開は一つで、結末も決まっていて、そこに向けた「迷い」はありますが、今回はどちらが選ばれてもおかしくない「迷い」なので、どちらにも寄せすぎずに迷う…という空気を作るように意識をしました。

あと、その悩みや葛藤の中にも、曖昧さに加えて、「優柔不断さ」も見せる事でより凪子らしさも見せられるようにもしました。凪子が悩むのは、三角関係や四角関係などで、これが本当の人生だったらとてもぜいたくな悩みなのですが(笑)、そうしたドキドキ感をご覧になっている方には楽しんで頂けたらと思っています。

川島海荷らの恋の行方は思わぬ方向へと大きく動いていく
(C)エイベックス通信放送

――実際に撮影をへて、「音楽とドラマが融合した作品」を体感して、何か発見などはありましたか?

桜田:先ほど最初こそはイメージができなかったのですが、実際に出来上がった映像を見て、音楽のライブパートとドラマパートが融合していることに違和感がない事に驚きました。日頃の作品では音楽のかかわり方は主題歌や挿入歌が主になるかと思うので、今回のようにドラマの合間に歌唱の映像が入ってくるのはイメージが付かないかもしれません。

でも実際に見てみると、ライブパートもドラマパートも一つのものとして自然に見られるし、倉木さんの歌詞や楽曲などの世界観を受けてその後のドラマが進んでいくので、音楽を聴いて、歌詞を耳にして楽曲から気持ちを受け取ったその後に、ドラマパートを見る事で、より登場人物への気持ちへ入り込むことができるのでは…と思いました。

川島:ドラマを見ることで、より楽曲の歌詞が耳に入ってくるようになり、曲の聴き方や楽しみ方も変わってくると思います。これはこれまでに味わったことがない、不思議な感覚です。この作品に出会った事で、曲の捉え方や、倉木麻衣さんへの曲の聴き方や楽しみ方など、いろいろなものが広がった気がします。ドラマとしても、楽曲としても、いろいろな“新しい楽しみ方”に出会うことができる作品だと思います。

倉木麻衣がフルサイズで歌唱する映像と、その楽曲の歌詞や世界観を基に書き下ろされたドラマの映像がクロスする新感覚の番組
(C)エイベックス通信放送

――今回、倉木麻衣さんのさまざまな情景がストーリーとなっている作品ですが、お二人がこの作品で“共感”できた部分を教えてください。

川島:この作品は、友情と恋愛が入り混じった作品でとても複雑。三角関係や四角関係は学生時代ならではのものもありますが、私自身は学生時代にこうした出来事をへてこなかった事もあり(笑)、「女の友情」を大切にするエピソードに共感をしました。

いろいろといらない物を捨てて「女同士でまた頑張ろう!」お互いを支えあうような、頼もしい友情が描かれていて、共感もありつつ、とても好きなエピソードです。

桜田:僕は後半のエピソードで、全てうまくいくわけではないんだけど、結果的に「みんなが幸せになるんだろうな」という話が出てくるんです。“全てがきれいには進まないけど、最終的に幸せをつかむ”という所は、人生に重なるし、とてもリアル。でも希望もあって、ただ理想を描いている訳ではない所がとても好きです。

――最後に、ドラマの見どころは?

桜田:このドラマは、ご覧になっている方が物語を選択することができる仕組みになっています。選んだ内容によってドラマの結果も変わっていくので、そこがまずは一番面白い部分だと思います。一度見たとしても、次はまた違う選択をすれば別の結果のストーリーを楽しむ事もできますし、何度でも楽しむこともできます。

また、ドラマの中に倉木麻衣さんの歌唱の映像が挿入されますが、普通の主題歌とも違うドラマとの関わり方をしていて、とてもぜいたくなんです。歌っている楽曲や歌詞が物語と連動して、入り込んでいるんです。

川島:私は、今回のドラマは“新しいドラマの形”だなと感じました。普段ミュージックビデオの中に物語が含まれている作品が好きでよく見ているのですが、それらをさらにパワーアップさせたイメージです。

ドラマ要素が強いミュージックビデオ的作品でもあり、でも短編で展開していくので気軽に見られるし、桜田君がお話しした通り物語の選択ができる楽しさもある。まさに新しいドラマの形で、普段ドラマを見ない方でも楽しんで頂ける作品なんじゃないかなと思っています。(ザテレビジョン)

元記事で読む