1. トップ
  2. グルメ
  3. 有名パティシエの新店が東海エリアに続々!旬のイチゴスイーツもさすがすぎる!?

有名パティシエの新店が東海エリアに続々!旬のイチゴスイーツもさすがすぎる!?

  • 2019.3.7
  • 451 views

東海エリアで、パリでの修業経験や有名コンクールの受賞歴を持つ実力派パティシエが続々と新たな店をオープン!今回は、そんな有名パティシエの新挑戦を、旬のイチゴスイーツに着目してご紹介。新作のほか、店舗限定ケーキにも注目だ!!

【写真を見る】大注目の新作イチゴスイーツや店舗限定商品はこちらから!

世界一の称号を得たパティシエの自信作 / GLACIER X

店内はラグジュアリーな空間。最高級食材で作るアイスやケーキを販売するほか、氷の彫刻も展示されている
KADOKAWA

名古屋マリオットアソシアホテルの製菓料理長を18年務めた松島シェフが独立。技術や経験を集大成した洋菓子店「GLACIER X(グラシエ イクス)」(名古屋市中区)をオープンさせた。ショーケースのスイーツはもちろん、イートインメニューも見逃せない!

「タルトフレーズ」(626円、左)と「ショートケーキ」(680円、右) / GLACIER X
KADOKAWA

同店で注目のイチゴスイーツは、3月下旬まで発売予定の「タルトフレーズ」(626円)と「ショートケーキ」(680円)。「タルトフレーズ」は、アーモンド風味のタルト生地に、新鮮なカスタードと生クリームを合わせたクリームをオン。イチゴもたっぷりのっている。「ショートケーキ」は、スポンジ、生クリーム、イチゴをたっぷり味わえるようにと3層に。スポンジはオレンジリキュールがほんのり香る。

「GLACIER X」住所:愛知県名古屋市中区丸の内3-10-8 / 電話:052-211-7355 / 時間:11:00〜19:00 / 休み:不定休

本店の人気メニューがイチゴバージョンに! / PIERRE PRÉCIEUSE 伏見店

ショーケースには、本店と同じケーキが15種類ほど並ぶ。店の奥には教会をイメージして造られたカフェスペースもある
KADOKAWA

パリの料理学校、コルドン・ブルーを首席で修了した寺島シェフが、覚王山店に続く3店舗目「PIERRE PRÉCIEUSE 伏見店(ピエール プレシュウズ)」(名古屋市中区)をオープン。「ガトー・ジャポネ・プランセス」(918円)や、持ち帰りできる「ブーケ・ガトー・ジャポネ」(648円)など、伏見店限定メニューも要チェックだ!

【写真を見る】「ガトー・ジャポネ・プランセス」(918円) / PIERRE PRÉCIEUSE 伏見店
KADOKAWA

なかでも、伏見店限定のイートインメニュー「ガトー・ジャポネ・プランセス」は、本店の人気メニューがイチゴバージョンに。アイスは5種類の中から選べる。

「PIERRE PRÉCIEUSE 伏見店」住所:愛知県名古屋市中区栄2-7-15 白川ビル1F / 電話:052-221-5708 / 時間:10:00〜19:00 / 休み:月曜

アジアのトップシェフが地元のイチゴで新作を用意 / プティ シャトー ラ・パルム・ドール

スイーツやパンが90分食べ放題のデザートブッフェは、毎月1日に翌月分の予約受付をスタート。詳細はHPで確認を!
KADOKAWA

パティシエのアジア大会で優勝した経験を持つ布施氏がシェフ・パティシエを務める「パティスリー・ラ・パルム・ドール」が三重県津市内に移転。店名も新たに、デザートブッフェ(大人2160円〜)も楽しめるパティスリーへと進化をとげた。

「苺ショートケーキ」(540円、奥)と「苺とマスカルポーネ」(540円、手前) / プティ シャトー ラ・パルム・ドール
KADOKAWA

そんな同店で味わえるスイーツは3月下旬まで発売予定の「苺ショートケーキ」(540円)と「苺とマスカルポーネ」(540円)。「苺ショートケーキ」は、イチゴ、スポンジ、生クリームの比重がすべて同じ。空気を含ませたスポンジと生クリームは軽やかな食感だ。「苺とマスカルポーネ」は、アーモンドバターたっぷりのシュクレ、ホワイトチョコを混ぜたマスカルポーネ、カットしたイチゴを重ねた新作となっている。

「プティ シャトー ラ・パルム・ドール」住所:三重県津市あのつ台5-2-2 / 電話:059-236-1358 / 時間:10:00〜19:00 / 休み:月曜、2019年4月1日(月)からは月曜・火曜(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

元記事で読む