白濱亜嵐が“一発屋”の小説家役で連ドラ主演!「デビュー前の苦労とかぶることが多かった」

4月スタートのドラマ「小説王」に出演する小柳友、白濱亜嵐、桜庭ななみ(左から)
KADOKAWA

GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が主演を務めるドラマ「小説王」が、4月22日(月)よりフジテレビにて地上波放送されることが決定。同時に小柳友と桜庭ななみが出演することも発表された。

【写真を見る】白濱亜嵐が初めて演じる“小説家”に注目が集まる

原作は、早見和真の同名小説。過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の作家・吉田豊隆(白濱)が、疎遠になっていた幼なじみの編集者・小柳俊太郎(小柳)や吉田のファンである佐倉晴子(桜庭)との出会いをきっかけに、出版不況が叫ばれている今の時代を1冊の本の力で変えようと奮闘する物語だ。

主演の白濱は、本作の印象を「原作を初めて読んだ時、自分のデビュー前の苦労とかぶることが多く、豊隆の気持ちに共感することがたくさんありました」とコメント。

また、今回初めて小説家を演じることについては「まずは小説家とは何かというところから役作りがスタートしました。小説家は人の心に届く物語を作るまでに自分の人生を切り抜いたり、一行を書くだけでも何度も悩んで自問自答し葛藤したりと命を削って本にぶつかっているんだと初めて学びました。

そんな小説家という職業を生半可な気持ちで演じるのは失礼になるので本気で豊隆を演じたいと思いました」と意気込み、「豊隆の悔しさや葛藤を全身で表現できるように今の自分の全てをぶつけました。ぜひたくさんの方に見ていただたいです」とアピールした。

また、小柳は「俊太郎の作家を輝かせるために全力を尽くす姿に勇気をもらい、自分もこのドラマを輝かせるために全力を尽くしました。最後の最後まで熱狂して作り上げた作品をぜひ見ていただきたいです」と力を込めた。

そして桜庭も「小説家であることを諦めようとするも周りの人たちによって立ち上がっていく主人公の姿が、夢を追っている人の背中を押してくれるようなそんなドラマになってるので、ぜひ楽しみにしていただけたらな!と思います」と見どころを語った。

なお、本作は動画配信サービス「FOD」で先行配信、アジア圏でも同日配信が予定されている。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。