1. トップ
  2. ダメダメだけど可愛い!話題の草川拓弥を直撃!<家売るオンナの逆襲>

ダメダメだけど可愛い!話題の草川拓弥を直撃!<家売るオンナの逆襲>

  • 2019.3.6
  • 383 views

ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系/毎週水曜夜10時〜)で、北川景子演じる三軒家万智にしごかれるダメダメ新人・鍵村洋一。万智をはじめ、テーコー不動産の先輩たちに対して生意気な口ぶりながら、どこか憎めないキャラクターに、初回放送直後から「あの子は誰!?」と話題になった鍵村を演じるのは、メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のタクヤとしても活躍中の俳優、草川拓弥だ。2017年に放送されたスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」で初登場して以来、2年ぶりとなる同作への出演に「すごくうれしい」と語る草川だが、クランクインの前には鍵村のキャラクターに思い悩むこともあったという。そんな彼の背中を押した存在とは? さらに収録現場の雰囲気や「鍵ちゃんねる」の誕生秘話、目前に迫った最終回予想など、作品についてたっぷり語ってもらった。

【写真を見る】草川撮影の鍵村のデスク。付箋には「定時で帰る」の文字…

「よろしくお願いします!」と元気に取材部屋に入ってきた草川
撮影=諸井純二

景子姉さんとは定期的にメッセージのやりとりをしてます

――草川さん演じる鍵村洋一は、2017年に放送されたスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」で初登場しましたが、今回の連続ドラマにも出演することになったときはどう感じましたか?

草川:もともとシーズン1のときから、一視聴者として毎週楽しみに見ていたドラマだったんです。なので、まずは自分がそういう作品に出られるのはすごくうれしいことだなという気持ちが大きかったです。テーコー不動産というファミリーに参加できるんだなって。

――キャストの方やスタッフさんなど、シーズン1から続く現場の“チーム感”みたいなものもあったかと思います。すんなり馴染めましたか?

草川:正直言うとそこはちょっと入りづらいというか、自分の中で不安に思う部分はありました。しかも、鍵村のキャラクターがキャラクターなので…(苦笑)。鍵村のキャラクター自体、僕自身もつかむのに時間がかかったんです。というのも、スペシャルドラマの終わりに、鍵村が“住もう君”に魅了されて更正するシーンがあって。なので、今回はどうなってるのかな?と思ったら、また落ちぶれてるじゃないですか(笑)。現実には絶対いないですよね!? 鍵村みたいなヤツって。

――案外いそうって思いながら毎週見てます(笑)。

草川:そうなんですかねぇ? もし鍵村みたいなヤツがいたら、僕だったらぶん殴ってると思います(笑)。なので、撮影に入る前の台本を読んでいる段階から、あまりにキツいキャラだと見てくださる方もいい気がしないんじゃないかという不安があったんです。でも、いざ現場に入ってみたら、監督もやり切っちゃっていいとおっしゃってくださったので、じゃあ、もういいや!って(笑)。いい意味で吹っ切れました。でも本当、役とはいえ大先輩の役者さんたちを相手にあんな生意気な態度をとるっていうのは、芝居とは分かっていてもいまだに気が引ける部分があります。それでもみなさん優しく気を遣ってくださるので、すごくありがたいですね。

――共演者のみなさんも、「鍵村もっとやれ〜!」って感じなのでしょうか。

草川:そうですね(笑)。現場でも、「あれ面白かったね」って言っていただいたり、「鍵村が面白い!」と(北川)景子姉さんがメッセージを送ってくださったりします。実は、鍵村のキャラクターについて思い悩んでいたとき、景子姉さんに相談をしたんです。そのときも「全然大丈夫だよ」みたいな言葉をいただいて。

――それは心強いですね。

撮影の楽しみの一つがキャストの皆さんの素晴らしい差し入れだそう
撮影=諸井純二

草川:はい。景子姉さんの後押しもあって、より吹っ切れました。そういうこともあって、景子姉さんとは結構定期的にメッセージのやりとりをしています。

――今では鍵村を楽しく演じられていますか?

草川:楽しいです。もう、自由に、好き放題できるので(笑)。鍵村って、自分で言うのも何ですけど、こういう作品に必要なキャラクターというか、鍵村みたいな奴がいることで面白くなるのかなと思って。特に、今回から床ちゃん(長井短演じる床嶋ゆかり)が入ってきてくださったので、そこがいいコンビになっているのかなって思います。

「草川も家は売れないと思います」とのこと
撮影=諸井純二

鍵村と同じく、草川も家を売れないと思います(笑)

――ドラマを見ていても思うのですが、スーツがよくお似合いですね。

草川:そうですか!?(笑)

――超特急(草川が所属している音楽グループ)の方ではスーツの印象がないので新鮮です。

草川:そうですね。プライベートも含めて、結構普段からゆったりめが多いので、この現場に来てスーツを着るとビシッと締まるというか。さあ、きょうも出勤だ!って感じで、気持ちの切り替えができている気がします。

――先ほど「鍵村みたいな奴がいたらぶん殴る」とおっしゃっていましたが、そんな鍵村と自分の共通点があるとしたら、どんなところだと思いますか?

草川:面倒くさがり屋な部分は多少似ているかなと思います。あと、4話で、ああ見えて自分の人生のことを考えたり、屋代課長(仲村トオル)のことを考えたり、会社の現状みたいなものを意外と見ているっていうのが分かったと思うんです。そういう周りを客観視するところは結構自分に近いかも。超特急での活動でも、今何をやるべきかとか、何が必要なのかとかを常に気にしてたりします。

――テーコー不動産では唯一家を売っていない鍵村に対して、自分だったら売るのに!みたいな気持ちはありますか?

草川:いや、売れるとは正直思わないんですけど…100%、鍵村のあんな感じではない!ということは先にお伝えしておきたいです(笑)。

――声を大にして(笑)。

草川:はい(笑)。何か、ファンの方から「まんまじゃん」ってお声をいただくんです。だから、違う!と言いたい(笑)。確かに面倒くさがり屋だし、人見知りなこともあって、初対面の方にはちょっと怖い印象を与えがちではあるんですけど、さすがに鍵村みたいな態度はしません(笑)。あんなことしたら、大人として生きていけないと思うので。まんまではないということだけは言いたいです。ただ、結果としては、鍵村と同じく草川も売れないと思います(笑)。

丁寧な言葉で取材に答える姿が印象的でした
撮影=諸井純二

最初は「鍵ちゃんねる」をやる予定は全くなかったんです

――「まんまじゃん」というファンの方の声がある一方、ドラマのスタート直後から「鍵村を演じてるのは誰!?」と話題になってもいました。そうした視聴者の反響を受けて変化したこともあったのでは?

草川:それはめちゃめちゃあると思います。特に「鍵ちゃんねる」はそうですね。最初はYouTuberを題材にした1話に登場するだけで、実際にやる予定は全くなかったんです。でも、1話の放送後、本当にやってほしいというお声をたくさんいただいて実現したことなんです。

――それはうれしいですね。鍵村が愛されキャラに育っている証拠というか。

草川:そうですね。普段が結構クズなので、そういうところで挽回して(笑)。日によっては「鍵ちゃんねる」の方が長く撮っている日もありますから(笑)。ドラマの撮影では、シーン的に一言しかしゃべってないけど「鍵ちゃんねる」の撮影ですごいしゃべっているとか。でも、毎回楽しく収録させてもらっています。

――他に撮影で楽しみにしていることはありますか?

草川:本番前の前室でキャストのみなさんとお話しすることも楽しみですけど、もう一つ、いろんなキャストの方が素晴らしい差し入れをしてくださるので、それも楽しみです(笑)。

――草川さんも差し入れたり?

草川:僕も一度、みたらし団子を入れさせていただきました。本当、毎日のように豪華な差し入れがあるので、スタジオに入ったらまず「きょうは何かな?」って見に行ったりしています(笑)。

撮影●諸井純二
KADOKAWA

家を売らないまま終わるのが鍵村らしいかなって思います

――ドラマはまもなく最終回を迎えます。ここまで鍵村を演じてきての手応え、または鍵村のここに注目してほしい!というのはどういうところですか?

草川:注目してほしいポイントとしては、やっぱり鍵村と三軒家さんだったり、屋代課長だったりとのやりとりがシュールで面白いところ。現場でも笑いが起こったりするんです。なので、そこはより注目してほしいですね。それから、鍵村の今後の行く末を見届けてもらえたらと思います。

――鍵村としてどんな終わり方が理想ですか?

草川:鍵村もここまで三軒家さんが家を売る姿を目の前で見ていて、刺激を得ていると思うんです。なので、成長して終わるのかもと思う反面、ちょっとでも鍵村がフィーチャーされたらいいな、なんて欲もあります(笑)。ただ、最後にいきなり自分だけの力で家を売っちゃいましたっていうのは、ちょっと違う気がします。なので、落ちぶれたまま終わっても面白いというか、売らないまま終わるのが鍵村らしいのかなって思います。

――ちなみに、超特急のメンバーはドラマを見てくれているんですか?

草川:それが、分からないんですよ。直接何か言われることはないのに、取材とかの場では結構イジられます(笑)。でも、何か言われるのも恥ずかしいので、今くらいの感じで大丈夫です(笑)。

――超特急の活動との両立は大変な部分もあるかと思いますが、こうして役者として演じることは楽しいですか?

草川:楽しいです。自分にとっては欠かせないもので、もっともっとやっていきたいなって思います。でも、超特急の活動ももちろん大好きです。役者と音楽の両方を大事にしていきたいので、うまくバランスを取りながら全力で頑張っていきたいです。そして、超特急としても、個人としても、もっと飛躍できればなと思っています。

息ぴったりの4人は約15分ほどで撮影を終了。笑いの絶えない現場でした
(C)NTV

話題の「鍵ちゃんねる」収録の様子をレポート!

草川の取材を行ったこの日は、「鍵ちゃんねる」の収録が行われるということで、独占潜入! この回のお題は「四字熟語ジェスチャーゲーム」。四字熟語検定1級を持つ床嶋ゆかり役の長井短に加え、鈴木裕樹(八戸大輔役)、本多力(宅間剛太役)を迎え、制限時間1分間で、ジェスチャーで体現した四字熟語をどれだけ当てられるかというゲームに挑戦した。

ドラマ本編の撮影を終え、会議室に集合した4人。ドラマスタッフのほか、弊誌取材スタッフの姿を目にした鈴木と本多は「え、取材? 取材?」と大騒ぎ。さらに「キラーコンテンツだな〜(笑)」という鈴木の言葉に、一同爆笑するなど、ドラマさながらの和やかなムードが流れる。4人のコンビネーションも絶妙で、冒頭のコメントは簡単に段取りを確認した後、1発で撮影を終えた。

続いては、メインとなる「四字熟語ジェスチャーゲーム」の撮影へ。1分間という制限に、「全然当たらない可能性も…」と不安を訴える本多に対し、草川が「答えられなかったら交替っていうのもアリにします?」と提案。一瞬「どういうこと?」と首を傾げる一同だったが、次の瞬間「あ、パスのことね!」と納得した様子を見せると、草川は「“パス”って言葉が出てこなかった…」と苦笑いする。

「制限時間1分」「パスあり」というルールが決まったところで、いよいよゲームスタート! すると、草川、鈴木、本多がジェスチャーで表した四字熟語を次々に当てていく長井。残り30秒を残して長井がジェスチャーする番となったが…まさかの正解が出ないままタイムアップを迎えた。残念な結末に、鍵村として「分かんねぇよ」と投げやりな言葉を口にする草川。しかし、内心では悔しかったのか、長井の「もう1回やる?」という提案に、「うん!」と即答。そうして行われた第2弾だったが、こちらは残念ながら長井がジェスチャーする番になったと同時にタイムアップでゲーム終了。と思いきや、「(ジェスチャーを)やりたかった…」と話す長井は、終了のチャイムを無視してジェスチャーを続行。時間超過とはいえ、最後は草川演じる鍵村が正解を言い当て、「鍵ちゃんねる」の主役としての面目を保つ結果となった。

計2回の撮影を終え、「楽しい!」「楽しい!」と感想を口にする4人。収録中も、それぞれ役柄というより素で楽しんでいる様子で、本多が「カメラ関係なしにやる?」と言い出すほどだった。和気あいあいとした雰囲気でスムーズに進んだ撮影は、およそ15分で終了。ドラマでは「早く帰る」「今すぐ帰る」をモットーにしている鍵村&床嶋コンビも、今回ばかりは“残業”を楽しんだようで、足取りも軽く会議室を後にした。

この日撮影した動画は、1回目、2回目ともに日テレ公式チャンネル内「鍵ちゃんねる」にアップされている。“テーコー不動産の会議室”らしさを出すため、4人の背後にある壁には“住もう君姿”の鍵村が配っているチラシが貼られているなど、細かいこだわりもぜひチェックしてみよう!(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる