1. トップ
  2. <3年A組>永野芽郁「私が殺したの」。最終回前に衝撃の告白【視聴熱TOP3】

<3年A組>永野芽郁「私が殺したの」。最終回前に衝撃の告白【視聴熱TOP3】

  • 2019.3.4
  • 552 views
「澪奈(上白石萌歌)を殺した」とさくら(永野芽郁)が明かす中、一颯(菅田将暉)は何者かに撃たれてしまうというラスト1分の衝撃に視聴者は騒然
KADOKAWA

webサイト「ザテレビジョン」では、3月3日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】生田斗真が30分かけて身だしなみを整えるシーンも話題になった「いだてん」が2位に!

1位「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)13515pt

3月3日に第9話が放送された。冒頭は、時を変え、数年後の3月9日の設定。3年A組の生徒たちが喪服姿で教室に集まり、教壇には三回忌を迎えた一颯(菅田将暉)の遺影が飾られていた。華(富田望生)と須永(古川毅)が、華の12回の告白の末に付き合うようになったなど、生徒たちの“その後”も描かれる中、逢沢(萩原利久)が撮影してきた澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流され、そこから、時が戻された。

SNSではフェイク動画の犯人である武智(田辺誠一)に対する炎上が続く中、ある人物により一颯が作ったフェイク動画が投稿される。武智糾弾の流れは、一颯へと一斉に矛先を変えた。

動揺する生徒たちに、一颯は「すべてを話す」授業を行う。生徒たちに「想像力をかき立てて、よく聞いてほしい」と告げた一颯。だが、澪奈を殺した本当の犯人、立てこもった最大の理由を言う場面は、モノクロのスロー映像となり、音声が消された。

一颯は「相手に何をしたら傷つくのか、何をされたら痛むのか…。お前たちにはそれに気付かない感情が麻痺した大人にはなってほしくなかった」と、考えることの大切さを説いた。

ラストは一颯が、人質にとった刑事・郡司(椎名桔平)を屋上に連れて行き、警察と対峙。教室では、さくら(永野芽郁)が「私が澪奈を殺したの」と衝撃の告白をする中、一颯は何者かに撃たれてしまう。

視聴者の想像力も刺激する描き方で、次回、10日(日)放送の最終回へとつなげた。

2位「いだてん~東京オリムピック噺~」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)13138pt

3月3日に第9回「さらばシベリア鉄道」を放送。四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向けて旅立つ。シベリア鉄道17日間の旅は、不手際で嘉納(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らせる。

シベリア鉄道での道中をたっぷりと描いた今回。四三が日記にしたためた内容をベースに展開し、弥彦が身だしなみを整えるのに30分かけることに「閉口」「まるで女子のごとし」と書くなど、ちょっぴり毒舌入りで痛快に描かれた。

また、シベリア鉄道の経由地であるハルビンは、初代内閣総理大臣・伊藤博文が暗殺された場所で、そのことを振り返るシーンが挟み込まれた。伊藤博文を演じたのは浜野謙太で、昨年の大河ドラマ「西郷どん」でも同役を演じていたため、大河ファンから大きな反響が寄せられた。

演出を担当した大根仁監督は、自身のTwitterでリアルタイムツイートを実施して撮影秘話もつぶやいた。物語の終盤、旅のなかで次第に打ち解けていった四三が弥彦に“天狗ダンス”の披露を願うシーンは、脚本にはないアドリブだったことが明かされた。

3位「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)3705pt

3月3日に、一部地域を除きダイジェストを放送。そこで、5日(火)に放送される第8話のロングバージョン予告が流れた。

第8話は、美和(安達祐実)の声掛けで、順子(深田恭子)、牧瀬(高梨臨)、雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会をしていると、そこに山下(中村倫也)が現れる。「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートする流れになってしまう。一方、東大模試の自己採点でE判定になった匡平は落ち込む。

第7話放送後の予告では、山下とデートする順子に、山下が「ちょっとは俺のこと、好きになった?」と耳元でささやいたり、座っている順子の足を自分の足で挟んだりといったシーンが。そして匡平はというと、自分の部屋で荒れる様子が映し出された。「受験辞めるわ」「俺、もう無理です」というせりふと共に、ほほを涙が伝い、順子も「ユリユリ…」と涙を見せた。

ロングバージョン予告では、さらに匡平の父・菖次郎(鶴見辰吾)の身に何かがあったことが明かされており、匡平を心配する声がさらに高まった。揺れ動く四角関係と衝撃の急展開という告知に注目が集まっている。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

元記事を読む