1. トップ
  2. 三浦春馬、高橋メアリージュンの“ヘビ”演技に「僕はカエルになりきった」

三浦春馬、高橋メアリージュンの“ヘビ”演技に「僕はカエルになりきった」

  • 2019.3.4
  • 106 views
「ダイイング・アイ」の完成披露試写会で、三浦春馬らが本作にも登場するマネキンとフォトセッション(左から高橋メアリージュン、三浦、松本まりか、国本雅広監督)
KADOKAWA

【写真を見る】カクテル作りに挑む三浦春馬。「久しく振っていない」と言うもののプロさながらのパフォーマンスを披露した

3月16日(土)よりスタートする三浦春馬主演の「連続ドラマW 東野圭吾『ダイイング・アイ』」(毎週土曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム ※第1話は無料放送)の完成披露試写会&舞台あいさつが、3月3日(日)に東京・品川にあるTHE GRAND HALLで行われた。

ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説をドラマ化した本作。主人公でバーテンダーの雨村慎介(三浦)は、かつて交通事故を起こしたが、ある事件をきっかけに記憶を失っている。そこへ突如現れた謎の女・瑠璃子(高橋メアリージュン)と出会い、苦悩の世界へ迷い込んでいく。

舞台あいさつには、三浦のほか、高橋、松本まりか、国本雅広監督が登壇した。

「撮影の日が来るのが怖かった」(三浦)

三浦春馬のバーテンダー姿に「格好良かった」と高橋メアリージュン&松本まりか
KADOKAWA

今回の役どころについて三浦は「ウソが見えたら全く成立しないストーリーなので、撮影の日が来るのが怖かったですね。だからバーカウンターで練習させてもらう日々が続きました」と回顧。また、本作で二役を演じる高橋が「“ヘビのような目”を意識しました」と語ると、「だから僕はカエルになりきりました」と返して会場を笑わせた場面も。

松本は撮影初日のエピソードを述懐。作品について「思い入れがある」と三浦が話していたそうで「メーク室で春馬くんがいきなり『ありがとね』って言ってくれたんですよ」と感謝を伝えてきたとのこと。

ドラマに参加してくれたことに対して真摯(しんし)にお礼を言う姿に松本は「『よろしくね』ではなく『ありがとう』って言ってくれたことに感激しました」と心境を告白した。その後、2人でタバコを吸うシーンがあったため、喫煙室で三浦と練習したと言い「2人で吸えないタバコを吸って2人でむせました」とオチをつけた。

「時間がある時にやってみたい」(三浦)

【写真を見る】カクテル作りに挑む三浦春馬。「久しく振っていない」と言うもののプロさながらのパフォーマンスを披露した
KADOKAWA

本作にちなんで「忘れたくない記憶」についての質問が。三浦は、2017年に舞台「キンキーブーツ」で第24回読売演劇大賞・杉村春子賞を受賞した際、ある人に報告したことを振り返る。

「まったく予想していなかったんですけど、伝えた瞬間にその方が号泣してくださったんです。自分の賞に対して喜んでいただいたのがうれしいし、忘れてはならない思い出ですね」と明かした。

ドラマ内で、三浦のバーテンシーンが多くあることから、作中にも登場するカクテル「マッド・スライド」を作る一幕も。三浦がシェーカーを振ると会場からは黄色い声援が飛び、高橋らも「格好いい!」「通っちゃう!」と絶賛。三浦は照れたような表情を浮かべ「失礼いたしました」と謙遜しつつも「これからも時間がある時にやってみたい」と意欲をのぞかせていた。(ザテレビジョン)

元記事を読む