1. トップ
  2. 村瀬紗英プロデュースの「ANDGEEBEE」のショップが3月9日(土)、ラフォーレ原宿にオープン! 「後輩の刺激になるような存在になりたいなって思います」

村瀬紗英プロデュースの「ANDGEEBEE」のショップが3月9日(土)、ラフォーレ原宿にオープン! 「後輩の刺激になるような存在になりたいなって思います」

  • 2019.3.4
  • 810 views
昨年の秋からアパレルブランド「ANDGEEBEE」のプロデューサーを務めている村瀬紗英さん
KADOKAWA

【写真を見る】村瀬紗英さん「ANDGEEBEEもNMB48への新しい入口になれているのかなって思ったらすごくうれしいですね」

アイドルグループ・NMB48のメンバーとして活躍する村瀬紗英さん。昨年の秋にアパレルブランド「ANDGEEBEE」のプロデューサーに就任し、11月から通販がスタート。11月末に「SHIBUYA109」にPOP-UP SHOPを展開すると、期間が延長されるほどの大盛況となった。そして3月9日(土)、ラフォーレ原宿に初の実店舗がオープンする。NMB48は2月20日に第2章の幕開けとなるニューシングル「床の間正座娘」をリリース。

【写真を見る】村瀬紗英さん「ANDGEEBEEもNMB48への新しい入口になれているのかなって思ったらすごくうれしいですね」
KADOKAWA

―村瀬さんがプロデュースを手がける商品が11月から販売されて、数か月経ちましたが、かなり大きな反響があったんじゃないですか?

「私がブランドのプロデュースをしていることを知ってくださる方が多くなりました。ファンの方も買ってくれたりしていますが、知らずにANDGEEBEEの服を買って、それをきっかけに『気になったので握手会に来てみました』と会いにきてくれたり。ANDGEEBEEもNMB48への新しい入口になれているのかなって思ったらすごくうれしいですね」

―NMB48は握手会があるので、直接反響がわかるのもいいですね。

「今まで来てくれているファンの方も『最近、女の子多くない?』って言ってくれたりします。実際、原宿のクレープのお店の前みたいに女の子がたくさん並んでくれたり、あとは『トップ目』(TBSチャンネルで放送中の麻雀番組「NMB48村瀬紗英の麻雀ガチバトル!さえぴぃのトップ目とったんで!」)の影響で麻雀ファンの方がいたり、不思議な握手会のレーンになっています(笑)」

村瀬紗英さん「最初はアパレルの情報が何もなくて不安だらけでした」
KADOKAWA

―大好評な「ANDGEEBEE」ですが、スタート当初はどんな気持ちでしたか?

「最初はアパレルの情報が何もなくて不安だらけでした。でも、10月に東京で初めて展示会を行ったんですが、その時の反響がすごくて、ちょっと安心しました。SHIBUYA109にPOP-UP SHOPが出せたこともうれしかったですし、ラフォーレ原宿に実店舗ができることもすごくビックリしています」

―通販は全国どこのファンの方も手に入れられるという便利さがありますが、SHIBUYA109のPOP-UP SHOPは商品を実際に手に取ることができたというのがすごくよかったのかなと思いますが。

「そうですね。試着して買ってくれた人も多いみたいです。私にとってマルキュー(SHIBUYA109)は渋谷のファッションの聖地みたいな場所で、キラキラしているのでそこに自分がプロデュースしているブランドのお店があることがうれしかったです」

村瀬紗英さん「いっぱい案を出していて、まだまだ商品化できていないものもあるので、今後も着々と 増えていきます」
KADOKAWA

―スタート時に比べると商品の数もかなり増えています。

「ラフォーレ原宿に常設のお店ができるということで、型数も増やさないといけないので最近は毎日のように会議をしています。いっぱい案を出していて、まだまだ商品化できていないものもあるので、今後も着々と増えていきます」

村瀬紗英さん「季節的にも春はカラフルなものが着たくなるので、パステルカラーや明るめの色の商品がこれから多くなっていく予定です」
KADOKAWA

―今回の撮影で着用している「ANGBロゴロンT」も発売されたばかりですよね。

「はい。これまでに発売したパーカーなどはブラックやネイビーなどの色がありましたが、できるだけ色が被らないように考えて、ホワイトとピンクのほかに、今日私が着ているミントグリーンを採用しました。このロンTはユニセックス(男女兼用)です。グリーンは子供っぽくならずに落ち着いたカジュアルな印象に。ロゴ入りラインパンツとのコーデがアクセントになっています。季節的にも春はカラフルなものが着たくなるので、このロンT以外にも、パステルカラーや明るめの色の商品がこれから多くなっていく予定です」

―今日のもう1着の衣装もANDGEEBEEですね。こちらのポイントは?

「かわいらしいハートブラウスです。襟のフリルや袖のフレアがさらにガーリーな雰囲気に。チェックスカートはハイウエストなのでシルエットもキレイに、脚長効果も期待できます!」

村瀬紗英さん「ゆーり(太田夢莉)がANDGEEBEEの中で一番気に入ってる服だったらしく『これ着たかったんです!』ってすっごく喜んでくれました」
KADOKAWA

―IZ*ONEのメンバーがMVでANDGEEBEEを着ていたり、いろんなところで目にする機会が増えていますが、Queentet(吉田朱里さん、村瀬紗英さん、太田夢莉さん、渋谷凪咲さんによるNMB48メンバー4人のユニット)のライブ(2月14日にNMB48劇場で行われたQueentet単独公演)でも着ていましたよね?

「ベスト(レターケーブルベスト)とかを着てステージに出ていった瞬間に、女の子たちが『ANGEEBEE着てる!』って反応してくれました(笑)。ゆーり(太田夢莉)がANDGEEBEEの中で一番気に入ってる服だったらしく『これ着たかったんです!』ってすっごく喜んでくれました」

村瀬紗英さんの「WEAR」のフォロワー数は70万人超!
KADOKAWA

―今回の取材やライブ、フォロワーが70万人を超えたファッションアプリ「WEAR」など、村瀬さん自身がANDGEEBEEを着ている姿を見る頻度も高くなっているような気がします。

「自分が好きなデザインとか、自分がかわいいと思う服を作りたいと思っているので、自分が着ることで、コーデを含めてわかりやすいお手本になれればいいなと思っています」

村瀬紗英さん「東京に来た時、私も普通にラフォーレ原宿に買い物に行ってたので、そこにお店ができるのは本当にうれしいですし、楽しみです」
KADOKAWA

―3月9日(土)。まもなくラフォーレ原宿での店舗もオープンします。

「東京に来た時、私も普通にラフォーレ原宿に買い物に行ってたので、そこにお店ができるのは本当にうれしいですし、楽しみです。SHIBUYA109とはまた違ったファッションの聖地でもありますから。常設店なので、いつ行ってもお店があるというのは喜んでくれるんじゃないかなって思いますね」

―ラフォーレ原宿のオープンを記念して限定商品も発売されますが。

「コーチジャケットやTシャツなど、ユニセックスの商品もあるので、ぜひゲットしてください!」

村瀬紗英さん「チームNはNMB48のかっこよさ、MCを含めた面白さなど、バランスが取れているチームです」
KADOKAWA

―3月といえば、NMB48も新チームでの公演も始まり、第2章が始まったという感じですね。村瀬さんもチームBⅡからチームNに異動して。

「BⅡは後輩が多くて新鮮ですかわいいチームでした。今度のNは、あかりさん(吉田朱里)やゆーり(太田夢莉)がいますし、あいり(谷川愛梨)とか同期も多いのでまた違った雰囲気になると思います。ちっひー(川上千尋)はキャプテンになったことでみんなを引っ張ろうとしているのを感じますし、頼もしいなって。NMB48のかっこよさ、MCを含めた面白さなど、バランスが取れているチームです」

2月20日にNMB48のニューシングル「床の間正座娘」がリリースされた
KADOKAWA

―それに先駆けて、2月20日にはニューシングル「床の間正座娘」もリリースされました。

「新しいNMB48のスタートの曲になりますが、キャッチーな曲もそうですけど、『絶滅黒髪少女』へのオマージュ的な振り付けとか、NMB48っぽさを感じます」

村瀬紗英さん「ファンの方からも『3番手ってすごいよ!』って言ってくれます(笑)」
KADOKAWA

―MVを見ると、フロントメンバーとして村瀬さんが見られますね。

「ファンの方からも『3番手ってすごいよ!』って言ってくれます(笑)。フロントメンバーになれたことは自分の中でも自信になりました」

―これからのNMB48の中で、村瀬さんはどんな役割を?

「ドラフト3期生や6期生など、後輩もたくさん増えました。自分のやりたいことをやって、それを達成していく姿ってかっこいいと思うので、NMB48の活動でも、ANDGEEBEEのプロデュースでもそうですけど、後輩の刺激になるような存在になりたいなって思います」

村瀬紗英さんプロデュースの「ANDGEEBEE」のショップが3月9日(土)、ラフォーレ原宿にオープン
KADOKAWA

撮影=石塚雅人 取材・文=田中隆信(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

元記事を読む