1. トップ
  2. 坂本昌行が3年ぶりにワンマンコンサート開催! 繊細な女心を歌で表現

坂本昌行が3年ぶりにワンマンコンサート開催! 繊細な女心を歌で表現

  • 2019.3.4
  • 212 views
坂本昌行が5月22日(水)からコンサート「ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony」を開催
KADOKAWA

5月22日(水)から、東京・Bunkamuraオーチャードホールで坂本昌行によるコンサート「ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony」の上演が決定。坂本が「All of Love」をテーマに数々の名曲に込められた繊細な女心を歌い上げる。

【写真を見る】「All of Love」をテーマに坂本昌行が数々の名曲を歌い上げる!

坂本は2016年に自身初となるミュージカルコンサート「ONE MAN STANDING」を開催。

これまで出演してきたミュージカルを中心に厳選した珠玉のナンバーを、新たなアレンジとビックバンドによる演奏、そしてダンサー・シンガーを加えてショーアップし、観客と一緒に楽しめるミュージカルコンサートを展開し好評を得た。

第2弾となる今回は「ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony 」と題し、日本の女性シンガーのヒット曲を中心としたさまざまな楽曲を大胆にアレンジし、オーケストラをバックにバラエティーに富んだ音楽で構成する。

舞台でさまざまな愛の形を演じてきた坂本が女心を歌で表現し、張り裂けそうな愛やいちずな思いなど、繊細な女心の詰まった楽曲にチャレンジ。

コーラスとダンスのスペシャリストたちで結成されたカンパニー「MASA Friends」とのショー・ナンバーとともに、特別な時間を演出する。

坂本は「初演のミュージカルコンサートでは、お客様に楽しんでいただけるのか不安でいっぱいでした」と振り返りつつ、「あれから3年。たくさんのスタッフの方々に背中を押され第2弾!! 名だたる音楽家の方々、そして素晴らしいオーケストラ! これで舞台は整いました。後は僕自身、精いっぱい『愛』をお客様にお届けしたいと思います」とやる気十分の様子だ。

“坂本昌行のSinger宣言!コンサート”になるはず

今回アレンジを手掛けるのは、 服部克久をはじめ、ボブ佐久間に羽毛田丈史といった日本を代表する音楽界の巨匠たち。クラシック、ジャズ、ポップスと、彼らにしかできないアレンジで坂本の魅力をさらに引き出していく。

また、構成・演出を菅野こうめいが初演から引き続き務めることに。菅野は「初演から3年間、『次は何を?』とずっと考えて来ました。でも答えはなかなか出ませんでした。あの時、僕たちはもう、坂本くんの『ミュージカル俳優としての集大成的コンサート』をやってしまったから」と好評だった初演を振り返る。

そして、「それとは違う何かを。と、たどり着いたのは、『オーケストラとの競演でカバーを歌う事』でした。今回は、日本を代表する音楽家達と創り上げる“坂本昌行のSinger宣言!コンサート”になるはずです。もちろん、ミュージカルも忘れてはいませんよ。お楽しみに!」とコメントした。

坂本の大人の色気、魅力が詰まったその歌声が巨匠たちのアレンジした楽曲とどのように絡まり合い、どのように女心を表現していくのか。(ザテレビジョン)

元記事で読む