1. トップ
  2. 恋愛
  3. このまま続けてもいいの? 彼との相性を確かめる方法3つ

このまま続けてもいいの? 彼との相性を確かめる方法3つ

  • 2019.3.3
  • 51117 views

片思いがやっと実り、たとえお付き合いをすることができたとしても、それがうまくいくのか、長く続くのかというのは、別問題です。
なぜなら“ふたりの相性”というのは、付き合って初めてわかるものだからです。相性パロメーターが見えたり、付き合う前に相性を見極められたり、彼との相性を確信できればいいですが、残念ながら現実はそううまくはいかないもの。当事者なのでどうしても客観的にみることができず、判断が鈍るときもあるかもしれません。
いずれにしても、自分と彼との相性が良いか悪いかを判断するのってなかなか難しいですよね。

相性が最高だと思った瞬間

1. 彼と過ごしている自分が好き

「彼と一緒に過ごしているときの自分が、一番“自分らしい”と感じられる瞬間だと思います。今まで付き合ってきた人とはこんなことがなかったから、今の彼との相性は、最高なんだろうなと思います」(31歳/フリーランス/女性)

▽ 彼と一緒にいるときの自分を、あまり好きになれないというのはたしかにつらいことです。いつも怒っていたり、悲しんでいたり、「こんな気持ちになるはずではなかった」と思ってしまうことが多々あれば、彼はあなたにとっての“相性のいい人”だとはいえないのではないでしょうか。

2. 悪い面も見せられる

「良い面だけではなくて、悪い面も見せ合えるのは、相性がいい証拠だと思います。それができないと、お互い落ち込んでいるときに相手を思いやれないですよね。それこそ、ひとりよがりな対応になってしまいそうっていうか……」(32歳/編集/女性)

▽ 彼との将来を考えているのなら、悪い面も見せられないと、今後大きな壁にぶつかるでしょう。そうしたときに、ずっと“かっこつけている”ことなんてできないですよね?
ダサいところやブラックな部分さえ、余裕で見せられちゃう――また、それに対してお互いを理解し、思いやれるような関係なら、それはとても理想的です。

3. 彼と対等な立場である

「どちらかが、もう一方の言いなりになってしまうような関係。それは相性がいいと言えるのでしょうか? お互いの意見をしっかり言い合えるような関係だったら、相性がいいと思います」(33歳/フォトグラファー/女性)

▽ どちらかが、一方の意見を大きく取り入れる関係は、相手に依存する“ダメな関係”に陥りやすくなる可能性だってあり得ます。大人同士なのですから、意見が食い違うのは当たり前だと受け入れましょう。食い違いを冷静に、そして合理的に解決していける関係なら言うことなし!

オトナの恋には“自立”が不可欠

ここまでの内容を簡単にまとめてみると、自分の意思で考えること、自分たちの意見を言い合えること、そしてなにより、彼の前で自分らしくいられることが重要だとわかりました。この自立した関係を築いていけるかどうかという点が、オトナの恋に必要不可欠なものだといえそうです。ぜひ、彼との関係に迷ったようなときには一度立ち止まって、これらの点について考えを巡らせてみてください。

元記事で読む