1. トップ
  2. 榮倉奈々「『アンパンマンで育った』という認識があるほど好き」新作映画のヒロイン役決定に感慨

榮倉奈々「『アンパンマンで育った』という認識があるほど好き」新作映画のヒロイン役決定に感慨

  • 2019.3.3
  • 163 views

6月28日(金)公開の映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」に、榮倉奈々とANZEN漫才がゲスト声優として出演することが分かった。

【写真を見る】アンパンマンやバニラ姫ら、キャラクターの笑顔が弾けるポスタービジュアルも解禁!

【写真を見る】アンパンマンやバニラ姫ら、キャラクターの笑顔が弾けるポスタービジュアルも解禁!
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019

シリーズ31作目となる今作は、“笑顔”をキーワードに「アイスの国」のお姫様“バニラ姫”と、アンパンマンたちがアイスの国を救うために奮闘する姿を描いた物語。

ヒロイン・バニラ姫役を榮倉が、そのバニラ姫の教育係・ジェラート大臣役をみやぞん、ばいきんまんが作った最強メカ“バイキンアイスロボ”役をあらぽんが務める。

榮倉奈々は「誰かの心に残るバニラ姫になれるよう、頑張りたい」とコメント
(C)MASAMI NARUO(榮倉写真)/(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019

榮倉は「『アンパンマンで育った』という認識があるほど、子供の頃から大好きな作品でした! 外で遊ぶことが大好きな子供でしたが『アンパンマンが始まるよ!』のお母さんの声で走って家に戻っていたことをよく覚えています。

そして、今は自分の子供と一緒に楽しませてもらっているところです。アンパンマン様!と思っています! そんな作品に参加できるなんて、うれしいありがたい×1000な気持ちです! アンパンマンの映画はどの作品もそうですが、大人になってから見ても学びがあり、心温まる作品ばかりだと思います」と喜びを語る。

ANZEN漫才のみやぞん(左)とあらぽんは、新キャラとなるジェラート大臣と“バイキンアイスロボ”の声を担当する
KADOKAWA

一方、みやぞんは「今回の映画のテーマの一つが“笑顔”とのことですが、やっぱり笑顔を見ると、そして笑顔で居ると安心すると信じています! 母が昔仕事で疲れて帰ってくると僕を呼んで『だい! ニコッは!?』と言われ、僕がニコっとすると、疲れがふっ飛んだといつも言っていました!

何もない僕でも笑顔は母を幸せにすると思ったのを鮮明に覚えてます! 子供の頃、唯一買ってもらった絵本がアンパンマンでした。アフレコはこれからですが、とにかく自分らしく楽しく取り組みたいですね!

楽しい気持ちを吹き込みたいです! 本当にありがたいお話なので、アンパンマン色に染まりたいと思います! アンパンマン声優楽しくやるぞーやるぞーやるぞー!!!」と意気込んだ。

そしてあらぽんも「今回、アンパンマンの声優に決まったと聞いて、すごくビックリでした。今でも見ているので、話を聞いておいっ子とめいっ子に早く教えてあげたいなと思いました。

今回の映画のテーマの1つが『笑顔』とお聞きしましたが、笑顔はすごく自分や周りをポジティブにしてくれるものだと思います。アンパンマンみたいに元気と勇気を届けたいです!」とコメントした。(ザテレビジョン)

元記事で読む